iPad miniはiPhoneの代わりになるか?

iPad miniはiPhoneの代わりになるのでしょうか?様々な点から比較し、調べてみました。

iPhoneとiPadの比較表

まずは基本的な項目の比較です。

比較対象はそれぞれ最新型のiPhone 12とiPad mini(第5世代)です。

機種名 iPhone 12 iPad mini(第5世代)
カラー(仕上げ) ブラック、ホワイト、グリーン、ブルー シルバー、ゴールド、スペースグレイ
容量 64GB、128GB、256GB 64GB、256GB
価格 (Apple Store) ¥85,800~ ¥45,800~
サイズ 146.7 x 71.5 x 7.4 203.2 x 134.8 x 6.1
重量 162 g 300.5 g(Wi-Fiモデル)、308.2 g(Wi-Fi + Cellularモデル)
ディスプレイ 6.1インチ(Super Retina HD) 7.9インチ (Retina)
チップ A14 A12
生体認証 Face ID Touch ID
Apple Pay タッチ、アプリ アプリ
通信 Wi-Fi、LTE、5G Wi-Fi、(Wi-Fi + Cellularモデルもあり)
最新モデル iPhone 12(2020/11/9) iPad mini 5(2019/3/18)

やはり発売されたのが新しいiPhone 12の方が多機能です。

次はそれぞれの項目を掘り下げます。

iPad miniを使うメリット

iPhoneと比べた時のiPad miniのメリットです。

iPad miniは画面が大きく、見やすい

細かい性能の違いなどがわからなくても、一瞬でわかるのが何と言っても画面の大きさです。

iPhoneは一番大きいiPhone 12 Pro Maxで6.7インチ。一番小さいモデルでiPhone 12 miniの545インチです。

一方のiPad miniは7.9インチ。本や漫画を読んだり、動画を見るのに最適なサイズです。

もちろん、画面が大きいとメールやSNS、ウェブ閲覧もしやすいです。

iPhone 12 Pro Maxでも画面が小さいと思う方は、iPad miniを一考する価値ありです。

iPad miniは値段が安い

iPad miniはiPhoneよりも安いです。

Apple Online StoreだとiPhone 12は64GBで85,800円です。iPhoneの中で一番安いiPhone SE(第二世代)は64GBで44,800円です。

一方、iPad miniは64GBで45,800円。LTEが使えるWi-Fi + Cellularモデルでも60,800円です。

Wi-Fiモデルは契約が不要!

iPad miniの場合、Wi-Fiモデルを選べば、購入の際に携帯キャリア等と契約する必要がありません。

SIMカードも不要です(そもそもWi-FiモデルにはSIMカードが入りません)。

iPhoneでもSIMフリーモデルや中古であれば契約不要で購入できます。

ですが、iPhoneの場合、SIMカードが入っていないとアクティベートができない可能性があります。アクティベートができないと使うことができないので、その点は要注意です。

iPad miniは薄い!

iPad miniはiPhone 12よりも薄いです。

iPhone 12シリーズはどれも厚さが7.4 mmです。

これに対し、iPad miniの薄さは6.1 mm。

1 mm以上の差があります。現在、Appleが販売しているiPhoneは全て厚さが7.3 mm以上なので、この点はiPad miniが優れている点と言えるでしょう。

ちなみに、5の薄さ6.1mmはiPod touchの薄さと同じです。

iPad miniなら紛失しづらい

iPhoneを無くしてしまったり、どこに置いたか忘れて探してしまったという方はいませんか?

iPhoneを無くしてしまう原因の一つは、iPhoneが小さいからです。

その点、iPad miniならばどうでしょうか?

iPhoneは小さく、様々なポケットや引き出しに入ってしまいますから、無くしやすく落としやすいです。

しかし、iPad miniであれば、miniとはいえそこそこのサイズがあるのでジーンズなどのタイトなポケットには入りません。

大きいので視界からも消えずらく、紛失のリスクを減らせます。

iPad miniの直接のメリットではありませんが、iPhoneなどスマートフォンの紛失で困っている方や悩んだ経験がある方は、紛失防止に大きくて無くしづらいiPad miniを選ぶのも良い選択です。

Touch IDがある!

iPad miniには指紋認証である「Touch ID」が搭載されています!

Touch IDは最新のiPhoneには搭載されていません。現役モデルの中で搭載されているのはiPhone SEだけです。

マスクをつける方にとって、生体認証(身体を使ったロック解除)はFace IDより、Touch IDの方が良いのではないでしょうか?

iPad miniを使うデメリット

iPad mini

iPhoneには出来てiPad miniでは出来ないことと、その解決策を紹介します。

電話機能がない

iPad miniには電話機能がありません。

解決策

LINEやSkypeを使えば電話機能がなくても、通話をすることができます。

マイクが付いているヘッドフォンを用意するか、iPad miniの背面上部中央に向かって話せばOKです。

*iPad miniは背面上部中央にマイクがあります。

また「電話番号が欲しい!」という方は050系のサービスを使うといいでしょう。

外出先でネットが使えない

iPad miniのWi-Fiモデルでは4GやLTEといった通信ができません。もちろん、最新のiPhone 12シリーズと違い、5Gにも対応していません。インターネットはWi-Fiのみ。

そのためiPad mini Wi-Fiモデル単体ではインターネットが使えません。

解決策

LTE通信が使える、「iPad mini Wi-Fi + Cellularモデル」を購入しましょう。

もしくは、カフェやホテル、空港等のWi-Fiポイント(フリーWi-Fi)を活用したり、Pocket WiFi等のモバイルWi-Fiルーターを持ち歩くことで多少不便ですが外でもインターネットが使えます。

GPSがない

GPSもiPad miniのWi-Fiモデルにはありません。

Wi-Fiと接続すればGoogleマップ等の地図アプリを使うことはできます。しかし、インターネット接続時の位置情報を使っているだけなので、場所によっては大きくずれる上、常時自分の居場所を確認するような使い方(カーナビなど)は出来ません。

そのため、出先や家などで地図を確認する分にはほとんど問題ありませんが、道に迷った、方角がわからない、という場合にはおそらく役に立たないでしょう。

解決策

GPS機能がついている「iPad mini Wi-Fi + Cellularモデル」を購入すればOKです。

Wi-Fiモデルならば、カフェなどのフリーWi-Fiスポットに立ち寄る度に確認すると良いでしょう。

防水ではない

iPhone 8以降のiPhoneと違って防水(耐水)ではありません。

解決策

カバーで対応しましょう。

Face IDがない

iPad miniには顔認証機能である「Face ID」が搭載されていません。

解決策

代わりに指紋認証である「Touch ID」が搭載されています。Touch IDを使いましょう。

まとめ

電話ができないのは少々残念ですが、それ以外はiPad miniも決してiPhoneに劣っていないことがわかったかと思います。

メインのスマートフォンの代わりにするのは難しくとも、スマートフォンを2台持ちする代わりにiPad miniを持つのは非常に良い選択肢だと思います。

新しくiPhoneの購入を検討している方、特にiPhone 11やiPhone 12 Pro Maxのような画面の大きなiPhoneが欲しいと考えている方は、iPad miniも合わせて検討してみてはいかがでしょうか?