iPhoneやiPadのリセット機能の種類

iPhone 設定 リセット

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスの「リセット」には複数のリセットメニューがあります。

それぞれ何がリセットされるのか解説します。

 

iOSのリセット

iPhoneやiPad、iPod touchなどのiOSデバイスには、他のスマートフォンなどと同様、データをリセットする機能が付いています。

しかし、iOSのリセット機能は6種類あり、用途に合わせて最適なリセット(初期化)をする必要があります。

 

iPhoneやiPadをリセットする方法

iPhoneやiPadで「設定」→「一般」→「リセット」と進むと、複数の項目が表示されます。

それぞれのリセットの内容を解説します。

 

 

すべての設定をリセット

iPhone 初期化

  • 「設定」アプリ内で設定した内容(Wi-Fi設定、パスコードロックなど)
  • 各種デフォルトアプリの設定(天気の登録地、追加した「時計」の設定など)

 

「すべての設定をリセット」では名前の通り、iPhoneの全ての設定がリセットされます。

工場出荷状態のiPhoneの設定(初期設定)に戻るので、一から設定をやり直したい場合は、あれこれ設定したものを一括でリセットしたい場合にオススメ。

アプリなどのデータや写真や動画などのメディアは削除されません。

「すべての設定をリセット」を行うと、iOSデバイスは再起動します。再起動後、iPhoneやiPadには購入時の画面が表示されます。

 

 

すべてのコンテンツと設定を消去

  • 上で紹介した「すべての設定をリセット」の内容
  • 連絡先、アプリ、送受信メール、MusicなどiTunesで同期した内容などすべてのデータの消去

 

これが文字通りのリセットです。iPhoneやiPadの設定から連絡先や音楽などのコンテンツまで全てのデータが削除されます。

iPhoneを誰かに売却したり、譲る場合にはこの方法で全てのデータを消しましょう。

*iOS 7以降のiOSでは「iPhone を探す」を「オン」にしていると、Apple IDパスワードの入力を求められます。

 

高度なセキュリティを持つiPhone

ちなみに、iPhoneやiPadのデータは通常の状態でも暗号化が自動で行われており、正しく(通常の手順で)ロックを解除しないとプロでもデータを取り出す(盗む)のが非常に困難な仕組みになっています。

ですので、この「すべてのコンテンツと設定を消去」を使ってしまうと、専用のデータ復元ソフト等を使っても復元はかなり難しいです(素人では無理と考えていいレベル)。

ですので、データ復旧ソフトがあるからなどと考えず、データをリセットする際にはしっかりバックアップを取っておきましょう。

写真や音楽などは「設定のリセット」と違い、後からやり直すことができませんからね。

 

 

ネットワーク設定をリセット

  • 「設定」 → 「Wi-Fi」にて設定したWi-Fiのパスワード
  • VPNの設定(企業内のネットワークに接続している場合)

 

iPhoneやiPadの「ネットに繋ぐ設定」が全て削除されます。

 

 

キーボードの変換学習をリセット

キーボードの入力候補履歴(予測変換)をリセットできます。

 

 

ホーム画面のレイアウトをリセット

ホーム画面のアプリの配置をリセットします。

デフォルト(最初から入っている)アプリは全て最初の位置に戻ります。自分がインストールしたアプリはあいうえお順で並びます。

また、フォルダにアプリをまとめている場合はフォルダも解除されます。

 

 

位置情報とプライバシーをリセット

  • 「設定」 → 「プライバシー」 → 「位置情報サービス」の設定がリセットされ、「位置情報サービス」内の設定が初期状態となります。

 

 

 

まとめ

iPhoneやiPadにはリセットだけでも6つの項目があるんですね。

それぞれの特性を理解しておくと、iPhoneの調子が悪い時や、iPhoneをリサイクルショップに売る際に非常に役立ちます。

また、これらはiOSの機能なので、リセットする内容は各iPhone、iPad、iPod touch全てで共通です。