名言「完璧を目指すよりまず終わらせろ」が生産性を上げる3つの理由

完璧を目指すよりまず終わらせろ

何か仕事やToDoをする際は「完璧を目指すよりまず終わらせろ」という言葉を胸に行動しましょう。

大きく結果が変わるはずです。

 

完璧を目指すよりまず終わらせろ

完璧を目指すよりまず終わらせろ

Done is better than perfect.

 

-マーク・ザッカーバーグ

 

Facebookを立ち上げたアメリカのプログラマ、実業家のマーク・ザッカーバーグの言葉です(諸説あり)。

この言葉、名言ですね。

 

この言葉を常に心がけておくことで仕事やToDoといった「やるべきこと」の生産性があがります。

分かりやすくいうと「結果的に良い出来」になります。

その理由を3つ紹介。

 

 

1.先送りがなくなる

「やるべきことの先送り」が起こる原因の1つに「物事を完璧に仕上げたい」という気持ちがあります。

 

  • まだ準備が整っていない。
  • 一気に片付けられるまとまった時間がない。
  • ベストコンディションで行いたい。

 

こうした気持ちがあるせいで、「今は完璧にできない。だから今はやるべきときではない」といった感じで「やるべきことの先送り」が生じます。

そこで「完璧を目指すよりまず終わらせろ」です。

言葉通りですね。完璧にこだわって物事を先送りするくらいならすぐに片付けるよう心がけましょう。

 

 

2.物事がすぐに片付く

下手に完璧を目指してこだわってしまうと1つ1つの「やるべきこと」にやたら時間がかかってしまいます。

 

そこで「完璧を目指すよりまず終わらせろ」です。

 

完璧なものなんてありません。完璧を目指したらきりがありません。完璧を目指すよりも、まず物事を片付けることに集中しましょう。

 

物事を一度完成させたから修正するのも悪くはありません。

まずは終わらせましょう。

 

 

3.フットワークが軽くなる

上記2つのことからフットワークが軽くなります。

 

  • とりあえずやっちゃえ!
  • とりあえず片付けよう!

 

完璧を目指さないことで無駄に悩んだり考えるよりも早く行動ができます。

結果、フットワークは軽くなります。

 

フットワークが軽くなると多くの「やるべきこと」を片付けられます。

問題がおこった際の対処も迅速に余裕を持って対処できます。

ToDoやスケジュールに追われるという辛い日々からも解放されます。

 

 

 

まとめ

完璧主義の方にはつらいかもしれませんが、こだわりを捨て、「脱完璧主義」してみましょう。

その軽快さが快適になりますし、結果的に多くの物事に時間を割けられるのでむしろ物事は完璧に近づくと思います。




follow us in feedly