英語の「60s」「60min」「24h」とはどういう意味なのか?

時間を表す英語

英語の文章などに出てくる後ろに「s」「min」「h」がついた数字はどういう意味なのか解説します。

 

英語での時間の表し方

英語のウェブサイトなどで度々出てくる「60s」や「60m」と言った表記はなんなのか?

これは、英語で時間を表している表記です。

 

 

s:秒

sは時間の単位「秒=second」の略です。

1sや2sは1秒、2秒を表します。60sなら60秒=1分です。

日本語の場合は「秒」と一文字で済みますが、英語の場合は「second(s)」で6~7文字必要になってしまうため、略す意味があるわけですね。

ちなみに「sec」と略されることもありますが、秒は「s」と略すのが基本で、「sec」は誤りです。

 

 

min:分

数字の後ろにある「min」は「minute」の略です。そして、minuteは英語で「分」を表します。

ですから、5minは5分、10minは10分という意味です。

ちなみに読みは「ミニット」です。また、2以上は複数形のminutes(ミニッツ)を使います。

通常は「min」ですが、「m(メートル)」と誤解の恐れがない場合は「m」と略されることもあります。

 

 

h:時間

数字の後ろにある「h」は「hour」の略です。そして、hourは英語で「時間」を表します。

ですから、1hは1時間、24hはで24時間、1日を表します。

ちなみに読みは「アワー」です。最初のhは発音しません。

 

 

 

全て小文字でピリオドがつかない理由

英語は一般的に、最初の単語の1文字目は大文字にするのが基本です。

また、省略の記号としてピリオドを使うこともあります。

例:Brothers=Bros.

これらの時間を表す略語を大文字にしたり、ピリオドをつけないのはこれらが全て記号とされているからです。

つまり、例えば分の「min」はminuteの略語「min.」ではなく、分を表す「min」という記号として使われているため、大文字にしたりピリオドを使う必要がないということです。

 

 

 

まとめ

秒や分、時間といった単位を「s」「min」「h」で略すのは日常でも探してみると結構見かけます。

覚えておくと、簡単なメモを取るときなど、ちょっとした時に役立つ英語なので、ぜひ活用しましょう。