iPhoneで間違えてコンピュータを「信頼」してしまった際にリセットする方法

iPhoneやiPadをパソコンやMacに接続すると、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されます。

その際に間違って「信頼」を選択してしまった場合などに、「信頼」をリセットする方法を紹介します。

プライバシー設定をリセットする

「信頼」の設定をリセット、再びコンピュータを信頼しないようにするには、iPhoneやiPadを以下の手順で操作します。

  • 「設定」から「一般」→「転送またはiPhoneをリセット」へと進み、「リセット」→「位置情報とプライバシーをリセット」を選択。

これで、以前は信頼していたパソコンやMacに再度接続すると、再び「このコンピュータを信頼しますか?」という確認の警告が表示されるようになります。

リセットなら何でもOK

ちなみに、「信頼」のリセットについては、これ以外のリセット(例えば「すべてのコンテンツと設定を消去」など)でも同様に「信頼」をリセットすることができます。

しかし、「すべてのコンテンツと設定を消去」など、他のリセットを選択すると、他にも多くの設定やデータが消えてしまう可能性があるのであまりオススメしません。

公式も推奨している「位置情報とプライバシーをリセット」を選択するのが、最も手軽でおすすめです。

関連記事:iPhoneやiPadのリセット機能の種類

参考