Twitterアプリによるバッテリー消費を抑える設定方法

iPhoneやiPadのTwitterアプリは、初期設定のままで使っていると、バッテリーや通信量を非常に消費する可能性があります。

Twitterアプリの設定を見直すだけで、バッテリーや通信量を大幅に節約できる可能性があるので、確認してみましょう。

まずはバッテリーをチェック

まずは、iPhoneのアプリがiPhoneの中でどれくらいバッテリーを食っているのか確認しましょう。

iPhoneのホーム画面から「設定」→「バッテリー」に進むと、Twitterのアプリが自分の使っているアプリの中でどの程度バッテリーを使っているかチェックできます。

Twitterのバッテリー消費が多い場合、通信量も多く消費している可能性があるので、特に外でiPhoneやiPadを使う方は要注意です。

また、今は特に問題なくても、Twitterのアップデートや仕様変更で多くバッテリーを消費するようになる可能性もあるため、バッテリーの持ちが悪い、通信量がやたら消費すると思ったら確認してみるといいでしょう。

この手のバッテリーをやたら使うアプリとしてはFacebookのアプリが昔から有名ですが、Twitterも負けず劣らずバッテリーを消費するようです。

Twitterアプリのバッテリー消費を減らす方法

特別な方法を使わなくても、iPhoneやTwitterアプリの設定を少し変更するだけで、Twitterアプリによるバッテリー消費は大幅に抑えることができます。

また、この記事で解説しているのはiPhoneやiPadなどのiOS製品ですが、Android等でも同様の設定で同様の効果が見込めるので、iOS以外のデバイスを使っている方もぜひチェクしてみてください。

プッシュ通知を停止

プッシュ通知をオンにしていると、Twitterのアプリを利用していなくても、iPhoneのロック画面等にTwitterの通知が表示されてしまいます。

プッシュ通知をオフにする事で、Twitterからの通知を非表示にし、余計なバッテリー消費を抑えることが出来ます。

スマートフォンはプッシュ通知が来ると、画面が明るくなるように設定されていることが多いでしょう。

通知が来るたびに画面が明るくなると、その分バッテリーを多く消費してしまいます。

そこでプッシュ通知が来ても画面が明るくならないように、オフに設定しておくとよいでしょう。

出典:【スマホのバッテリーがすぐなくなる?】バッテリーを長持ちさせる設定と対策|賃貸のマサキ

iPhoneのプッシュ通知はバッテリー消費の面だけでなく、ロック画面や通知センターがTwitterからの通知でいっぱいになってしまい煩わしいというデメリットもあります。

プッシュ通知をオフにすれば、煩わしい通知から解放され、バッテリー消費も抑えられるのでオススメです。

参考:iPhoneの設定からTwitterの通知をオフにする方法

位置情報サービスの利用を許可しない

Twitterのアプリは、トレンドを表示したり、ツイートに投稿した場所の情報を表示するためにGPSを利用します。

GPSの使用を停止する事で、バッテリーの節約が期待できます。

参考:Twitterで位置情報をオン・オフにする方法

動画の利用を省電力に

Twitterアプリの「データ利用の設定」から動画の自動再生と高画質動画をオフにしましょう。

動画の再生、表示は非常にバッテリーを消費します。

参考:Twitterで動画の自動再生を停止する方法

まとめ

Twitterに限らず、このようなバックグラウンドで動作するアプリはバッテリーや通信量を知らないうちに多く消費します。

Twitterは文字数制限を緩和したり、画像や動画の投稿に力を入れるなどしているので、バッテリーや通信量は以前より消費しやすくなっていると思います。

Wi-Fi環境で使うなら良いですが、格安SIM等を使っている方は、通信量が少ないことも多いですから、しっかりチェックしておきましょう。

こうしたアプリの設定を見直すだけでも、バッテリーや通信量は大幅に節約できるので、バッテリーや通信量の残量を気にすることが多い方は一度、しっかりチェック・設定しておきましょう。

参考