英語の書き出しで、相手の性別が分からない時の対処法

英語では日本語の「○○さん」にあたる敬称が、男性は「Mr.」、女性は「Ms.」と性別によって違います。

では、英語でメールやメッセージを送る際、相手の性別が分からない時はどうすればいいのでしょうか?

英語の書き出しで使える4つのパターン

相手の性別が分からない場面は沢山あります。

相手の名前がユニセックスな名前(日本人でいう「あきら」や「れん」など)の場合や、担当者が具体的に誰か分からない場合などです。

そのような場合でも、いきなり相手に性別を聞くのは良くありません

相手の性別が分からない時や既存の敬称が使えない時は、場面に合せて以下の方法を使いましょう。

1. 非常にカジュアルな場面

親しい間柄なら、非常にカジュアルな「Hey」が使えます。

「Hey」の後に下の名前を付ければOKです。

例えば、山田太郎さんが相手の場合は、「Hey Taro」といった形です。

また、近年は(LINEのやり取りのように)冒頭の挨拶なしでいきなり本文から始まるメールを送信することも一般的になりつつあります。なので、そもそも書き出しに名前を書かないというパターンもありです。

ただし、これらはどちらも非常にカジュアルな場面で使うものです。

ビジネスなどはもちろん、日常でもあまり使う機会は無いでしょう。あくまでとても親しい相手限定です。

2. カジュアルな場面

カジュアルな場面では「Hi」や「Hello」を使います。

それぞれ後ろに、名前(下の名前)を付けます。

例えば、相手の名前が「山田太郎」なら、「Hi Taro」「Hello Taro」となります。

この方法であれば、敬称が含まれないので、性別を問わず気軽に使えます。

カジュアルな表現ですが、ビジネスでも同僚や親しいクライアントに使用する事が出来ます。

また、ウェブサイトのお問い合わせフォームなどからメッセージを送る際にも「Hi」を使うと良いでしょう。

筆者は外国のアプリなどを使っていて、問い合わせをする必要がある場合には「Hi」を使っています。

3. フォーマルな場面

ビジネスの場など、よりフォーマルな状況で使えるのは「Dear」です。

「Dear」の後ろにフルネームで名前を書きましょう(下の名前だけにするとカジュアルになります。姓だけでは使いません)。

例えば「Dear Taro Yamada」といった形です。

「Dear」は、堅苦しくなく、カジュアル過ぎず、一般的な表現なので、迷った時は「Dear」を使うのがベターです。

性別だけでなく、名前も分からない場合は、役職名等を書くと良いでしょう

例えば、カスタマーサポートに問い合わせを行う場合には、「Dear Customer Support」と書けばOKです。

同じく名前や性別が分からない相手に使える表現として、「To Whom It May Concern」と「Dear Sir or Madam」があります。ただし、これらは非常に堅苦しい上に古いので、あまり使う機会は無いでしょう。

4.日本語の「さん」を使う

英語圏でも、日本の会社とやり取りする方など、日本文化に理解のある方は、日本人相手に日本語の敬称である「さん」を使って、「san」と表記する場合があります。

「Yamada-san」といった書き方です。「san」はハイフンで繋げるのが基本です。

言うまでも無く、「さん」は老若男女問わず使うことが出来るので、相手の性別が分からなくても利用できます。

ただし、英語圏の人がみんな知っているわけではないので、相手が使ってこない限り、使わない方が良いでしょう

あくまで「相手が使っていたら、こちらも使う」のが「san」です。

まとめ

英語の書き出しと敬称について4つのパターンを紹介しましたが、この中で間違いがないのは「Dear」でしょう

堅苦しくなく、カジュアル過ぎず、一般的な表現です。名前ではなく肩書などに使うこともできるので、便利です。

ただし、これらの表現は一般的なガイドラインであり、具体的な状況や文化によっては異なる場合もあるので、注意しましょう。

日本語でのコミュニケーションと同様、相手との距離感や関係性を考えながら、柔軟に対応する事が大切です。

参考