海外で日本の電話番号にかける方法 & 海外の電話番号にかける方法

海外で日本に電話をかける方法

海外から日本の電話番号に電話をかける場合や国内外問わず、海外の電話番号にかける方法を紹介します。

 

海外の電話番号にかける方法

海外で日本の電話番号に電話をする場合や、日本から海外の電話番号に電話をする場合は普通に番号を入力するだけでは通じない事があります。

 

 

海外から日本の電話番号に電話をかけるには

日本の番号にかける場合は電話番号の最初に+81をつけて0を除きます。

「81」は日本を表す番号で、国際電話をする際に必要になる数字です。

たとえば、「090-xxxx-xxxx」へかける場合は「+8190-xxxx-xxxx」、「03-xxxx-xxxx」に電話する場合は「+81-3-xxxx-xxxx」とダイヤルする必要があります。

 

「+」を入力するためには、電話番号を入力する画面で、「0」を長押しすれば表示されます。

ただし、携帯電話の種類によって表示方法は変わるので、海外に行く前に説明書等をよく読み確認しておきましょう。ちなみにiPhoneでは「0」の長押しで「+」が表示されました。

 

 

日本以外の国に電話する場合

ちなみに、日本以外の国の電話番号にかける場合も基本は同じです。

相手先の電話番号が0から始まる場合は、最初の0を除き、+を付けてダイヤルします(一部の国・地域を除く)。

ただし、頭に付ける数字は国によって変わるので注意しましょう(「81」は日本の番号のみです)。

 

 

 

+81の意味

「+」は「010+」という意味です。システム上、+の前には101という数字が省略されているという事です。

そして、81は日本を表す「国番号」で国際電話をする際に必要な数字です(ちなみに「0」は国内の電話という意味)。

 

そのため、電話番号の最初の「0」は国番号(国内の意)ですので、正確には最初の「0」は市外局番ではありません。

例えば、東京の電話番号に付ける「03」のうち、市外局番なのは「3」だけです。

 

 

東京に電話する場合の電話番号の意味

上記の点を考慮して、東京へ電話をかける場合は以下のようになります。

 

都内から都内

東京都内から東京都内の番号(xxxx-xxxx)に電話する場合は、日本国内や市外を表す必要はないので、「xxxx-xxxx」にダイヤルすれば電話ができます。

 

国内(都外)から都内

東京以外の国内から東京都内の番号(xxxx-xxxx)に電話する場合は、日本国内を表す「0」と東京外(市外)を表す「3」を最初に付け、「03-xxxx-xxxx」に電話をします。

 

国外から都内

国外から東京都内の番号(xxxx-xxxx)に電話する場合は、最初に「+」を付けた上で、日本を表す「81」と東京外(市外)を表す「3」を最初に付け、「+81-3-xxxx-xxxx」に電話をします。

 

 

ただし、これらは電話の種類やサービスによって変わるので、注意してください。

例えば携帯電話の場合は市内から電話をする場合も市外局番を入力する必要があります。

 

 

 

まとめ

国際電話に慣れていない方は、これがわからずに現地で迷子になってしまい、同行者と連絡を取ろうにも電話がかけられないというトラブルが多いようです。

見知らぬ場所での迷子は心細く不安なもの。事前にしっかりと確認しておきましょう。