Macがスリープ中でもダウンロード等を継続させる方法(Power Nap)

Mac パワーナップ

Mac(macOS)にはスリープ中でもバックアップやダウンロード等ができる「Power Nap」という機能が備わっています。

MacのPower Napとは

Macには「Power Nap」という機能が搭載されており、スリープ中でも電源に接続している(バッテリーではなく、コンセントから電気を得ている)状態であれば、アプリのダウンロードやTime Machineでのバックアップを継続させることができます。

Power Napは近年のMacシリーズには全て搭載されており、初期設定の段階でオンになっています。

もし、使っているMacがスリープ中にダウンロードやバックアップが止まってしまうようなら、設定でPower Napが有効になっているか確認しましょう。

参考:MacのPower Napをオン/オフにする方法

Power Nap中にできること

Power Napが設定されていれば、Macがスリープ状態のときでも、以下の操作を実行させることができます。

Macがスリープ状態のときにバッテリー電力を使用している場合は、Power Napで以下の操作が実行されます:

  • 「メール」で新着メッセージをチェックする
  • 「カレンダー」のイベントをアップデートする
  • その他のiCloudイベントをアップデートする

Macが電源アダプタに接続されている場合は、これらに加えて、ソフトウェア・アップデートのダウンロードやTime Machineによるバックアップ作成などのタスクも実行されます。

出典:MacのPower Napとは – Apple サポート

まとめ

Power Napが設定されていれば、Macがスリープ中でもバックアップやダウンロードを続けてくれます。

とても便利なので、Power Napがオフになっている方は、ぜひ設定からオンにしておくと良いでしょう。