Macがスリープ中でもバックアップやダウンロードができるようにする方法

Mac パワーナップ

Macは設定次第で、スリープ状態でもバックアップを取ったり、ダウンロード等をすることができます。

MacのPower Napとは

Macには「Power Nap」という機能が搭載されており、スリープ中でも電源に接続している(バッテリーではなく、コンセントから電気を得ている)状態であれば、アプリのダウンロードやTime Machineでのバックアップを継続させることができます。

Power Napは近年のMacシリーズには全て搭載されており、初期設定の段階でオンになっています。

もし、使っているMacがスリープ中にダウンロードやバックアップが止まってしまうようなら、設定でPower Napが有効になっているか確認しましょう。

参考:MacのPower Napをオン/オフにする方法

Power Nap中にできること

Power Napを設定すれば、Macがスリープ状態のときでも、以下の操作を実行させることができます。

  • メール App で新規メッセージを受信する
  • 連絡先 App に、ほかのデバイスで変更された情報を反映し、最新の状態に保つ
  • カレンダー App で新しい参加依頼を受信し、カレンダーの最新情報を反映する
  • リマインダー App に、ほかのデバイスで変更された情報を反映し、最新の状態に保つ
  • メモ App に、ほかのデバイスで変更された情報を反映する
  • iCloud に保存された書類に、ほかのデバイスで変更された情報を反映し、最新の状態に保つ
  • フォトストリームに、ほかのデバイスで変更された情報を反映し、最新の状態に保つ
  • 「Mac を探す」で Mac の位置情報を更新し、スリープ状態の Mac でも探せるようにする
  • VPN オンデマンドが動作を続行し、企業のメールが安全に更新されるようにする (Power Nap は、認証に証明書を使う VPN 接続には対応していますが、パスワードの入力が必要な VPN 接続には対応しません)
  • モバイルデバイス管理でリモートから Mac をロック/ワイプする

Macがスリープ状態でかつ電源コンセントに接続されていれば、以下の操作を実行させることができます。

  • ソフトウェアアップデートをダウンロードする
  • Mac App Store の項目 (ソフトウェアアップデートを含む) をバックグラウンドでダウンロードする
  • Time Machine でバックアップを実行する
  • Spotlight のインデックス作成を実行する
  • ヘルプセンターのコンテンツを更新する
  • ワイヤレスベースステーションで「ワイヤレス時にスリープを解除」を使って Mac のスリープを解除する

Power Nap に対応しているMac

Power Napはフラッシュメモリを搭載した全てのMacが対応しています。

具体的には以下のMacでPower Napを使用することができます。

  • MacBook (Early 2015 以降)
  • MacBook Air (Late 2010 以降)
    OS X Mountain Lion v10.8.2 以降が必要
  • MacBook Pro (Retina ディスプレイ搭載の全モデル)
  • Mac mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • Mac Pro (Late 2013)

まとめ

今回紹介した方法で、Power Napを入にすれば、Macがスリープ中でもバックアップやダウンロードを続けてくれます。

自分が寝ている間にMacのバックアップを取りたいときなどに役立つので、ぜひ設定しておきましょう。

参考:MacのPower Napとは – Apple サポート