Macの位置情報サービスを有効/無効にする方法

Macの位置情報サービスを有効/無効にする方法を解説します。

 

便利だがプライバシーを犠牲にする可能性がある位置情報サービス

Macには自分の位置情報サービス(現在地)を元にした情報を提供するアプリがあります(Siriやマップなど)。

例えば地図アプリである「マップ」では位置情報サービスを有効にすることで、地図内で現在地(自分が今いる場所)を表示することが可能です。

とても便利な機能ですが、個人情報保護の観点から、位置情報サービスを使いたくないという方もいるでしょう。

 

この記事ではMacの位置情報サービスを有効/無効にする方法を解説します。

 

位置情報サービスをオン/オフにする方法

位置情報サービス

Macで位置情報サービスは以下の手順で有効/無効にできます。

 

位置情報サービスをオン(有効)にする方法

  1. 「システム環境設定」を開く
  2. 「セキュリティとプライバシー」を開く
  3. 「プライバシー」を開く
  4. 左下の鍵のアイコンをクリックし、管理者のパスワードを入力します。
  5. 左のリストの中から「位置情報サービス」を選び、「位置情報サービスを有効にする」にチェックを入れる。
  6. リストの中から、位置情報サービスを有効にしたいアプリ、サービスにチェックを入れる。

 

位置情報サービスをオフ(無効)にする方法

  1. 「システム環境設定」を開く
  2. 「セキュリティとプライバシー」を開く
  3. 「プライバシー」を開く
  4. 左下の鍵のアイコンをクリックし、管理者のパスワードを入力します。
  5. 左のリストの中から「位置情報サービス」を選び、「位置情報サービスを有効にする」のチェックを外す。

 

まとめ

Macの位置情報サービスは、非常に便利なものです。

位置情報サービスをオン(有効)にしておけば、SpotlightやSiriに、今自分がいる場所に基づいた提案をしてもらうことができます。

例えば、Siriに天気を聞いた時、自分がいる地域の天気予報を知らせてもらえます。

 

一方で、様々なアプリやサービスにむやみに位置情報サービスの利用を許可してしまうと、怪しいアプリ開発者(企業)に自分の位置情報を教えてしまうことになりかねません。

アプリの中には、個人情報を取得し、悪用するアプリもあります。

怪しいアプリに自分の位置情報を教えてしまわないように、なんでもかんでも位置情報サービスの利用を許可してしまうのはやめましょう。

位置情報サービスを使わないなら、オフ(無効)にしてしまうのがオススメです。

筆者は実際にMacの位置情報サービスをオフにしています。