FileVaultでMacのデータを丸ごと暗号化する方法

MacのデータをFileVaultで暗号化し、プライバシーを保護する方法を紹介します。

暗号化することで、Macが紛失や盗難によって、他人に使われることになっても、自分のデータを他人に見られないようにすることができます。

FileVaultとは

FileVault(ファイルヴォールト)とはMacにデフォルトで備わっているデータの暗号化機能です。

MacをHDDやSSDごと暗号化することができるため、Macを失ったり、中のSSDを分解して抜き取られても中のデータにアクセスされずに済みます。

Macのデータを丸ごと暗号化する場合は、他社のアプリなどを使うより、「FileVault」を使うのがオススメです。

FileVaultをオンにする方法

FileVaultを使って、Macのデータを暗号化する手順は以下の通りです。

  1. 「システム環境設定」を開く
  2. 「セキュリティとプライバシー」を開く
  3. 「FileVault」を開く
  4. 鍵のアイコンをクリックし、管理者のパスワードを入力します。
  5. 「FileVaultを入にする」をクリックします。

たったこれだけでMac全体の暗号化ができます(暗号化には時間がかかります)。

FileVaultを一度オンにすると、その後に新たに保存・作成したファイルも自動的に暗号化されるので安心です。

なお、FileVaultを使っても、外付けHDDやUSBメモリなどは暗号化されません。

外付けHDDやUSBメモリなどを暗号化したい場合は、以下の記事を参考にしてください。

参考:Macで外付けHDDを暗号化しパスワードをかける方法

まとめ

FileVaultを使うことで、Macに保存しているデータを強固に守ることが可能になります。

FileVaultはMacにデフォルトで搭載されている機能なので安心です。

新しいMacを買ったら、まずはFileVaultでMacのデータ全体を暗号化しましょう。まだFileVaultを使っていない方がいたら、今すぐ暗号化することをオススメします。もちろん筆者もFileVaultでMacを暗号化しています。