Macのデータを暗号化し、プライバシーを保護する方法|FileVaultの使い方

Macのデータを暗号化し、プライバシーを保護する方法を紹介します。

Macのデータを暗号化することで、Macを紛失したり、売却したりして他人に使われることになっても、自分のデータを他人に見られないようにすることができます。

 

FileVaultをオンにする方法

Macのデータを暗号化するには、Macにデフォルトで備わっているデータ暗号化機能である「FileVault」を使いましょう。

FileVaultの操作はカンタンです。

 

FileVaultでデータを暗号化する手順は以下の通り。

  1. 「システム環境設定」を開く
  2. 「セキュリティとプライバシー」を開く
  3. 「FileVault」を開く
  4. 鍵のアイコンをクリックし、管理者のパスワードを入力します。
  5. 「FileVaultを入にする」をクリックします(処理時間(暗号化)に少し時間がかかります)。

 

たったこれだけでMac全体の暗号化ができます。

FileVaultを一度オンにすると、その後、新たに保存、作成したファイルも自動的に暗号化されるので安心です。

 

なお、FileVaultを使っても、外付けHDDやUSBメモリなどは暗号化されません。

外付けHDDやUSBメモリなどを暗号化したい場合は、以下の記事を参考にしてください。

参考:USBメモリや外付けHDDを暗号化し、パスワードをかける方法(Windows、Mac対応)

 

FileVaultのデメリット

FileVaultを使うと、データが暗号化されるので、Macのパフォーマンスに影響が出る可能性があります。

しかし、体感でわかるほど大幅にパフォーマンスが悪化することはないのでご安心を。

アプリのパフォーマンスも、比較的新しいアプリ(ここ数年以内)を実行している限り、パフォーマンスに影響はありません。

 

FileVaultのメリット:暗号化することでプライバシーを守れる

FileVaultはMacのデータを暗号化し、守るために絶対に使っておきたい機能です。

Macのデータを暗号化しておかないと、Macを紛失し、他社の手に渡った場合などに、中のデータを見られてしまうリスクがあります。

Macにパスワードをかけていても、データが暗号化されていないと、Macを分解し、直接SSDやHDDを読み取った場合にデータが見られてしまう可能性があります。

しかし、FileVaultのMacのデータを暗号化しておけば、そのような心配はありません。

 

まとめ

FileVaultを使うことで、Macに保存しているデータを強固に守ることが可能になります。

FileVaultはMacにデフォルトで搭載している機能なので、信頼でき、確実です。

 

データが多いと、FileVaultの暗号化に時間がかかる場合がありますし、非常時には常に備えておくべきですから、新しいMacを買ったら、まずはFileVaultでMacのデータ全体を暗号化しましょう!

 

補足

FileVaultはMacを売却したり、他人に譲る際にも使っておくべきです。

MacはFileVaultを使ってデータを暗号化してから他人に譲りましょう!

参考:SSDのデータを完全に削除し、安全に処分する方法