MacのUSキーボードの特徴とメリット・デメリット

MacBook Pro

MacやMac用キーボードはApple Storeオンラインなど、一部のお店でUSキーボードを選択する事ができます(ちなみにUKキーボードなど、他の言語もあります)。

Macに搭載されているUSキーボードの特長やメリット・デメリットを紹介します。

関連記事:MacのUSキーボードで句読点を入力する方法

USキーボードの特徴

USキーボードとは名前の通り、US(アメリカ合衆国)配列のキーボードで、日本語が印字されていないキーボードです。

Macの場合、購入できる場所は限られており、Apple StoreオンラインなどでUSキーボードを購入できます。

エンターキーが小さい

MacBook USキーボード

JISキーボードだとエンターキーが大きいですよね。でも、USキーボードだとちょっと横長のキーになっています。

なのでJISキーボードから乗り換えた方は、最初は慣れないかもしれません。私も最初は「エンター小さい!」と思い、何度もエンターキーの上にあるキーを押してしまっていました。

ですが、すぐに慣れましたし、特にエンターキーが小さいメリット・デメリットはないです。

スペースキーは大きい

MacのJISキーボードでは「かな」「英数」キーがスペースキーの横にありますが、MacのUSキーボードではそれがなくなるのでその分スペースキーが横に長くなっています。

MacBook USキーボード

大きいのでやはりちょっと押しやすくなります。これはメリットですね。

「かな」と「英」の切り替えにソフト使う

先述通り、USキーボードには「かな」「英数」の切り替えキーがありません。

ではどうするのかというとUSキーボードでは「コントロール (control)」+「スペース」で変換します。

これが「面倒」「慣れない」という場合は「⌘英かな」というアプリ(ソフト)を使うといいです。

このソフトを使うとUSキーボードの左右の「⌘command」がそのまま「かな」「英数」になります。

参考:MacのUSキーボードで英数かなを簡単に切り替える事ができるアプリ「⌘英かな」

句読点が印字されてない

MacBook USキーボード

句読点「、」「。」がUSキーボードは印字されていません。

コンマ「,」「.」のキーがそれぞれ「、」と「。」の役割を果たします。

参考:MacのUSキーボードで句読点を入力する方法

これは特別なソフト等を使わなくても、デフォルト設定で日本語のローマ字入力にすればそうなります。

印字されていないとはいえ、すぐに覚えますね。そもそもブラインドタッチになれば印字を見ながら打ちませんし。

スッキリして見やすい

上の句読点を含め、やはり日本語が印字されていないのはスッキリして見やすいです。

実際のところ、JISキーボードでもUSキーボードでも特別、出来る事/出来ない事はありませんし、USキーボードを選ぶ人って大概この「見た目」で選んでいる部分が大きいと思います。

実際ローマ字入力しかしない人にとって、日本語の印字は極論、無意味な記号が書かれているのと同じですからね。

まとめ

MacやMacのキーボードはApple Storeオンラインで購入する際、無料でキーボードの仕様を選択できます。

JISとUSを選べるので気になる方は一度USキーボードを選んでみてはいかがでしょうか?

キーボードが少なく、印字もないので非常にシンプルでスタイリッシュなキーボードが手に入りますよ!