MacのFinderでファイルをカット&ペーストする方法 (ショートカット)

Mac カット&ペースト ショートカットキー

MacのFinderでファイルやフォルダをカット&ペーストできる便利なショートカットキーを紹介します。

Macで「カット&ペースト」をする方法

Macでカット&ペーストするためのショートカットキーはこちらです。

  1. 「⌘(command)+c」でコピー
  2. 「⌘(command)+option+v」でペースト

まず移動させたいファイルを選んで「⌘(command)+c」を押します(コピー)。

そして移動先で「⌘(command)+option+v」を押します。

これにより、新しい場所にファイルがコピーされ、元の場所のファイルが消えるので、「カット&ペースト」できます。

ちなみに、コピー&ペーストは「⌘(command)+c」→「⌘(command)+v」です。「option」の有無でカットかコピーか変わるということですね。

Windowsとは使い勝手が違うので注意

Windowsは「Ctrl+x」でカットしたファイルを「Ctrl+v」で貼り付けることで「カット&ペースト」ができます。

MacとWindowsではショートカットキーが違うので注意しましょう。

ちなみに、Windowsと同じように「command+x」を押しても、エラー音がなるだけで何も起こりません。

まとめ

Windowsとはショートカットキーが違うので、WindowsからMacに移行した方は戸惑うかもしれません(筆者は戸惑いました)。

しかし、MacのFinderでもちゃんとカット&ペーストができるので安心してくださいね。