MacのFinderでファイルをカット&ペーストする方法 (ショートカット)

Mac カット&ペースト ショートカットキー

MacのFinderでファイルをカット&ペーストできる便利なショートカットキーを紹介します。

 

Macで「カット&ペースト」をする方法

Macでファイルを別のフォルダに移動させる際、「ドラッグ&ドロップ」ではなくて「カット&ペースト」で動かしたいという方も多いと思います。

そんな方のために、MacのFinderでカット&ペーストができるショートカットキーを紹介します。

 

 

「⌘+C」でコピーして「⌘+option+V」で移動

Macでカット&ペーストするためのショートカットキーはこちらです。

 

  • 「command+C」でコピー
  • 「command+option+V」で移動

 

まず移動させたいファイルを選んで「command+C」を押します(コピー)。

そして移動先で「command+option+V」を押します。

これにより、新しい場所にファイルがコピーされ、また元の場所のファイルが消えるので、「カット&ペースト」できます。

 

ちなみに、Windowsと同じように「command+X」を押して「command+V」をしても、エラー音が出るだけで、何も起こりません。

 

 

Windowsとは使い勝手が違うので注意

Windowsは「Ctrl+X」したファイルを「Ctrl+V」で貼り付けることで「カット&ペースト」ができます。

Windowsの場合、コピーは「Ctrl+C」、カットは「Ctrl+X」と動作によって最初に押すキーが変わるんですね。

しかし、Macの場合はまず「command+C」で対象を選択し、その後の動作でコピー or 移動を決める形になります。

とりあえず「command+C」から始まるので、Macの方がカンタンに感じますが、その一方で「command+option+V」と3つのキーを押さなくてはいけないのはちょっと大変?

 

 

 

まとめ

WindowsからMacに移行した方からすると、結構戸惑う点かもしれませんね。

しかし、MacのFinderでも問題なくカット&ペーストができるので、ご安心ください。




follow us in feedly