安全のため、Macのアプリは出来る限りApp Storeから入手しましょう!

Macを安全に使うために、Macにダウンロード/インストールするアプリは公式App Storeからダウンロードしたものにしましょう!

 

MacのアプリはApple公式のApp Storeにあるものと、Apple公式のApp Storeを経ずに配布されているもの(いわゆる「野良アプリ」)の2種類があります。

この2つの中で、安全なのは言うまでもなくApple公式のApp Storeで配信されているアプリです。

 

MacはWindowsよりはマルウェア(危険なアプリ)やウイルスに感染する心配が少ないと言われていますが、それでも危険があることには変わりありません。

 

アプリの場合、身元の不明な怪しいサイトや掲載しているアプリの安全性をチェックしていないサイトで配布されているアプリの中には危険なものも多くあります。

しかし、Appleの公式App Storeであれば、Appleの厳しい審査を通過したアプリしか存在しないので、基本的に危険はありません。

つまり、Appleの公式App Storeから入手したアプリであれば、ウイルスなどの心配はないと言うことです。

 

まとめ

Macを安全に使うために、アプリのダウンロードは公式App Storeから行うように徹底しましょう。

 

とはいえ、必ずしも使いたいアプリがApp Storeにあるとは限りませんよね。

例えばAdobeのPhotoshopやPremireはApp Storeにありません。

どうしてもMacの公式App Store以外からアプリをダウンロード&インストールしたい場合は、そのアプリについて事前に入念なリサーチ(レビューを見る、安全性について調べる、公式ダウンロードを見つけるなど)をしましょう。

有名なアプリであれば、安全性についての評価やレビューが必ずあり、信頼できるかどうかの判断ができるはずです。

 

Macのセキュリティにオススメ!

Macのセキュリティソフトはノートンがオススメです。

変なアプリやファイルをダウンロードした際に警告を出してくれますし、ウイルススキャンもあります。筆者も使っています。