Macのディスクユーティリティでディスクイメージのサイズ変更をする方法

Macでディスクイメージを作成する方法

Macでディスクユーティリティを使用してディスクイメージのサイズを変更(縮小・拡大)する方法を解説します。

注意:サイズ変更できるのは

ディスクイメージのサイズ変更ができるのは、フォーマットの形式が「Mac OS拡張」となっているもののみです。

「APFS」や「exFAT」の場合、サイズ変更はできないので注意しましょう。

Macでディスクユーティリティを使用してディスクイメージのサイズ変更をする方法

ディスクイメージのサイズ変更をする方法

まず、サイズを変更したいディスクイメージを取り出して閉じておき、「ディスクユーティリティ」を開いた際に、(ディスクユーティリティの)サイドバーに対象のディスクイメージが表示されないようにします。

ディスクイメージを取り出したら、Macのアプリ「ディスクユーティリティ」を立ち上げます。

そしてメニューバーにある「イメージ」から「サイズ変更…」を選択します。

Macでディスクユーティリティを使用してディスクイメージのサイズ変更をする方法

Finderの中から、サイズを変更したいディスクイメージを選択し「開く」をクリックします。

すると、ディスクユーティリティで新しいサイズを入力することができるので、任意のサイズを入力し「サイズ変更」をクリックします。

Macでディスクユーティリティを使用してディスクイメージのサイズ変更をする方法

これでOKです。ディスクイメージのサイズが変更できたはずです。

まとめ

この方法を使うことで、ディスクイメージのサイズを小さくしてストレージ容量を節約したり、ディスクイメージにより多くの情報を保存するためにサイズを大きくしたりすることができます。