MacのFinderで隠しファイル(フォルダ)を表示する方法

MacのFinderで隠しファイル(フォルダ)/不可視ファイル(フォルダ)を常に表示する方法を紹介します。

隠しファイル(フォルダ)を表示する

Macで普段非表示になっている隠しファイル(フォルダ)は、ショートカットキーを押すか、アプリ「ターミナル」を操作することで表示することができます。

ショートカットキーを押して隠しファイル(フォルダ)を表示する方法

Finderがアクティブな状態で、以下の3つのキーを同時に押せば(ショートカットキー)、隠しファイル(フォルダ)を表示することができます。

  • Shift
  • ⌘(command)
  • .(ピリオド)

同じショートカットキーを再度押せば、再び隠しファイル(フォルダ)を非表示にすることができます。

隠しファイル(フォルダ)をターミナルで表示する方法

Macにデフォルトで入っているアプリ「ターミナル」を使って隠しファイル(フォルダ)を表示する方法もあります。

Macの「アプリケーション」フォルダの中に「ターミナル」があるはずなので、そこから「ターミナル」を起動しましょう。

こちらがターミナルのアイコンです(macOS Big Surの場合)↓

ターミナル アイコン

ターミナルを起動したら、以下のように入力します。入力したらエンターキーを押しましょう。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

次に以下を入力し、Finderを再起動します。

killall Finder

これで不可視ファイルや不可視フォルダが表示されます。

元に戻したい(隠しファイル(フォルダ)を非表示にしたい)ときはターミナルで以下のコマンドを入力します。

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles

そして、同じくFinderを再起動します。

killall Finder

これで隠しファイル(フォルダ)が非表示になります。

まとめ

隠しファイル(フォルダ)を下手に動かすと、設定などが変わってしまう可能性もあるので、いたずらに隠しファイル(フォルダ)を編集したり、削除しないようにしましょう。