USBメモリなどをWindowsでもMacでも使えるようにする方法

USBメモリや外付けHDDなどをフォーマットし、WindowsでもMacでも使える(読み込める)ようにする方法を紹介します。

 

基本的に、USBメモリーや外付けHDDはMacとWindowsの両方で使えます。

ですが、場合によってはどちらかのOSではUSBメモリー等が読み込めない場合があります。

そのような場合は、WindowsとMac、どちらのOSでも読み込めるようにUSBメモリ等をフォーマットしましょう。

 

WindowsでもMacでも使える形式にフォーマットする

フォーマットする際の形式はいろいろありますが、WindowsでもMacでも読み込めるようにするには「FAT」または「exFAT」を選びましょう。

WindowsとMac、それぞれのOSでUSBメモリ等の形式を「FAT」または「exFAT」にフォーマットする方法を紹介します。

注意:なお、USBメモリ等をフォーマットすると、中のデータが全部消えるので注意しましょう。

 

WindowsでUSBメモリ等をフォーマットする方法

WindowsでUSBメモリ等をフォーマットする方法はいくつかあります。

今回はもっとも手軽な方法を紹介します。

 

まず、「マイコン」または「このPC」をダブルクリックして、Windowsファイルエクスプローラーを開きます。

フォーマットしたいUSBメモリ等を右クリックして、メニューの中から「フォーマット」を選択します。

 

フォーマットを選択すると、メニューが表示されるので、その中の「ファイル システム」をクリックし、フォーマットしたい形式を選びます。

ここでは、「FAT32」か「exFAT」を選びましょう。

「NTFS」だとMacで読み込めなくなってしまうので注意しましょう。

 

「ファイル システム」を選択したら、「開始」をクリックして、フォーマットを開始しましょう。

 

クイックフォーマットについて

フォーマットのメニューの一番下に「フォーマット オプション」という項目があり、その中に「クイック フォーマット」という項目があると思います。

 

クイックフォーマットのチェックを外してフォーマットすると、USBメモリを完全フォーマットすることができます。

完全フォーマットはフォーマットと同時に、USBメモリの不良セクターをチェックをしてくれます。

しかし、クイックフォーマットよりも時間がかかってしまいます。

 

MacでUSBメモリ等をフォーマットする方法

MacでUSBメモリ等をフォーマットするには、デフォルトアプリの「ディスクユーティリティー」を使います。

 

まず、フォーマットしたいUSBメモリ等をMacに挿し、ディスクユーティリティーを起動します。

そして、左上の「表示」をクリックし、「すべてのデバイスを表示」をクリックします。

 

左のサイドバーの中から、フォーマットしたいデバイス(USBメモリ等)を選び、上のメニューの中の「消去」をクリック。

フォーマットを「MS-DOS(FAT)」か「exFAT」を選びます。

「Mac OS拡張」など、他の形式を選ぶと、Windowsで開けなくなるので注意してください。

 

下の「方式」は起動ディスクなどに使う場合以外は、「マスター・ブート・レコード」を選びましょう。

 

全て選び終わったら、「消去」を押せばOKです。

 

まとめ

Dropboxなどのクラウドがあるとはいえ、やはりUSBメモリや外付けHDDを使ったデータの受け渡しもまだまだありますよね。

WindowsとMac、両方でUSBメモリ等を読み込めるようにしておくと非常に便利なので、WindowsとMac、両方のOSでUSBメモリ等を使う方は、どちらでも使える形式にフォーマットしておいましょう。

 

フォーマットすると、中のデータが全て消えてしまうので、フォーマットは新しいUSBメモリや外付けHDDを購入した最初にしておくのをオススメします。