MacのUSキーボードで英数かなを簡単に切り替える事ができるアプリ「⌘英かな」

⌘英かな

MacのUSキーボードには、日本語(JIS)キーボードと違って「英数」「かな」キーがありません。

そのため、USキーボードを利用する際には、ショートカットキー等を覚えなくては、かな入力やローマ字入力に切り替えるのが面倒です。

しかし、無料のMac用アプリ「⌘英かな」を導入すれば、左右の⌘コマンドキーを押すだけで「英数」と「かな」を切り替えることができるようになります。

このアプリはIntel製Macはもちろん、M1チップを搭載したMacでも利用できます。

「⌘英かな」とは?

「⌘英かな」は左右の⌘コマンドキーを単体で押した時に、英数・かな(日本語入力)を切り替えるMac用のアプリです。

このアプリを有効にすることで、左の⌘コマンドキーを「英数」、右の⌘コマンドキーを「かな」として使用できるようになります。

⌘コマンドキーとしても引き続き使える

「⌘英かな」を有効にしても、本来の⌘コマンドキーの機能が失われるということはありません。

⌘コマンドキーの機能(コピーする際にショートカットキー「⌘コマンドキー+C」として使うなど)は問題なく使用できます。

あくまで、⌘コマンドキーを単独で入力した時だけ、「英数」「かな」として使用できるようになります。

「⌘英かな」を使うには?

「⌘英かな」はAppleから認証(署名)されていないアプリ(いわゆる「野良アプリ」)です。

なので、App Storeにはありません。

以下の公式サイトからダウンロードして利用してください。

公式サイト:⌘英かな

ちなみに、使い方なども公式サイトで解説されています(日本語なので安心です!)。

まとめ

「⌘英かな」のおかげで、USキーボードでも左右の⌘コマンドキーを押すだけで、非常にカンタンに「英数」と「かな」を切り替える事ができるようになるのでとても便利です。

押しづらいショートカットキーを覚えたり、いちいちメニューを開いて日本語入力に切り替える必要がなくなるので、USキーボードを使っている方に非常におすすめです!

無料で利用でき、M1に対応しているのも嬉しいですね。

ちなみに、このアプリはキーの設定を細かく決めることもできるので、キーのリマップアプリとしても使用することができます。

公式サイト:⌘英かな

参考