X Premiumとは?料金やメリットについて解説

X Premium(Xプレミアム)とは、Xのサブスクリプションサービス(いわゆるサブスク)です。

登録すると様々な特典機能を利用できます。

公式サイト:Xプレミアムについて

ちなみに、X Premiumは個人向けのサービスです。

企業など組織には「認証済み組織」という別のサブスクが用意されています

X Premiumの料金

X Premiumには3つのプランが用意されています。

それぞれの料金は以下の通りです。

期間 ベーシック プレミアム プレミアムプラス
月額 368円 980円 1,960円
年額 3,916円 10,280円 20,560円

1年分まとめて契約すると、少しお得です。

なお、これらはウェブサイト(x.com)から登録した場合の料金です。スマホのアプリから登録した場合は、プラットフォーム手数料が上乗せされ、以下のような価格になります。

期間 ベーシック プレミアム プレミアムプラス
月額 600円 1,380円 3,000円
年額 6,000円 14,300円 35,000円

通常の料金に加え、約0.5倍くらい上乗せされていますね。通常料金の1.5倍くらいの価格になっています。

ちなみに、ウェブサイトとアプリ、どちらから登録しても得られる機能は変わりません。

アカウントが凍結されても返金は無し

X Premiumは何らかの理由で利用しているアカウントが凍結(停止)されても返金されません。

サブスクリプションに対しては、法的要請がある場合を除き、いかなる返金も行いません。凍結されたか他の何らかの理由でアクセスできなくなったXアカウントに登録したサブスクリプションについても同様です

出典:X Premiumについて

また、凍結後もX Premiumを解約しない限り、請求が続きます。

この点は注意が必要ですね。

2Duoさんが使っていたアカウントは、有料サブスクリプションサービス「X Premium」(旧Twitter Blue)に登録していた。登録したのは8月11日からで、その後約20日で凍結したことになる。そして9月12日、凍結のためアカウントが利用できないにもかかわらず、9月利用分のX Premiumの請求が2Duoさん宛に届いた。

出典:凍結アカウントにも旧Twitter Blueの請求がきた──SNS上の投稿が話題 X社の対応に疑問の声相次ぐ

アカウントが凍結した場合、課金を停止する事ができないので、クレジットカードを停止するしかないようです。

関連記事:X Premiumの料金は凍結されても請求が続く!

X Premiumのメリット

X Premiumにはさまざまな特典機能用意されています

プランによって得られる特典に違いがあります。以下は特典の一例です。

プラン ベーシック プレミアム プレミアムプラス
ポストを編集
長いポスト(最大25,000文字)
投稿を取り消す
長い動画の投稿(1080pで2時間、720pで3時間)
話題の記事
リーダー
バックグラウンド動画再生
動画のダウンロード
返信のブースト 最大
タイムラインの広告表示 そのまま 半分 なし
ポストから収益を獲得
クリエイターサブスクリプション
X Pro
Media Studio
アナリティクス
SMSを用いた2要素認証
DMの暗号化
チェックマーク
身分証明書の確認
アプリアイコンのカスタム
ブックマークフォルダ
ナビゲーションのカスタム
配色のカスタム
「ハイライト」タブの利用
いいねを非表示にする
チェックマークを非表示にする
サブスクリプションを非表示にする
AI・Grokを利用する

出典:GIGAZINE

まとめ

X Premiumに課金する事で様々な機能を利用できるようになります。

筆者が利用した中で個人的に便利だと思ったのは「ポストを編集」です。

投稿済みのポストに誤字脱字が含まれていても、後から編集して直すことが出来るので便利です。