iTunesカードのコードが読み取れない場合の対処法

iTunesカードが読めない

iTunesカード(現App Store & iTunes ギフトカード)のスクラッチを削りすぎて、コードがわからなくなってしまった場合やコードを入力してもAppleアカウントに登録できない場合の対処方法を解説します。

スクラッチを削りすぎて、コードが読めなくなった場合

Appleのサポートから、iTunesのサポートへ問い合わせてください。以下のリンクからサポートページに飛びます。

Appleのウェブサイトから「サポート」→「請求とサブスクリプション」→「ギフトカードとコード」→「ギフトカードとコードに関する質問」と進むと問い合わせ用のフォームが出てきます。

Appleに問い合わせる際は、以下のものを用意しておきましょう。

  • カードの表面と裏面の全体が写っている画像。
  • カードご購入時のレシート (購入日が印字されているもの)。
  • カードのシリアル番号。

公式の方法なので安心

この方法はAppleの公式サイトにも記載されている方法なので、心配はいりません。

カード裏面のコードを読み取れない場合や、コードが完全にはがれていて判読不能な場合は、Apple サポートへお問い合わせください。

ちなみに、直接Apple Storeに持ち込んだ場合も対応してもらえます。

まとめ

iTunesカードは何らかのトラブルで、物理的/ソフト的に読み取れないことがありますが、Appleはそのためのサポートをしっかり準備しています。

慌てずAppleに問い合わせましょう。

スクラッチで削りすぎてしまう方は、スクラッチを削らず、スクラッチのテープを爪などを使って剥がす方が良いかもしれませんね。