SSDのデータを完全に削除し、安全に処分する方法

SSDを安全に処分する

SSD (ソリッドステートドライブ)をデータが流出しないように、データを完全に削除し、安全に処分する方法を解説します。

 

SSDのデータ消去は難しい

HDDは穴を開けたり、磁気を利用することで簡単にデータを復元不可能な状態で処分することができました。

しかし、SSDはHDDとは仕組みが違うため、穴を開けたり、初期化しても、簡単には完全にデータを削除することはできません。

UCサンディエゴ大学の研究チームによれば、不適切・不十分な方法だと、一見データを削除できたように見えても、簡単にファイルを復元できてしまったようです。

ですから、SSDを他人にあげたり、リサイクルショップに売る場合には、適切な方法を取り、SSDのデータを完全に削除することが必要です。

 

 

 

SSDを安全に処分するには

SSDを完璧に破壊してしまえば、中のデータを復元されず、安全に処分できます。しかし、SSDを綺麗に破壊するためには特別な機械が必要で、個人にはハードルが高く、非現実的な方法です。

そこで個人にも手軽でオススメなのが、SSDを暗号化したあと、データを初期化・上書きし、復号できない状態でSSDを処分する方法です。

 

 

SSDを暗号化し、初期化する方法

手順としては以下のような流れになります。

  1. SSDを暗号化
  2. SSDのデータを初期化 (データを削除)
  3. 再びSSDを暗号化
  4. SSDを処分。処分しない場合はそのまま新しいPCとして設定すればOK。他者に売却・譲渡する場合はもう一度初期化し、暗号化されていない状態で渡す。

 

 

WindowsでSSDを暗号化する方法

データを削除した後、SSDを破棄する場合は構いませんが、もし再びパソコンやSSDを使う場合は、同じデータは使えなくなるので、ソフトウェアの認証解除やバックアップを行っておきましょう。

 

暗号化には「Bitlocker」というWindowsに搭載されている暗号化ソフトを使いましょう。

しかし、Bitlockerを使えるのはPro版ユーザーのみです。ですので、Pro版以外を使っている方は無料で入手できる「VeraCrypt」を使うのがおススメです。

 

  1. VeraCryptを使うには、まずVeraCryptをダウンロードし、インストールします。
  2. VeraCryptを起動し、「システム」を開いたら「システムパーティションあるいはシステムドライブを暗号化」を選択します。
  3. システム暗号化タイプを確認するメッセージが表示されたら「通常」を選択して「次へ」をクリックします。
  4. 「ドライブ全体の暗号化」→「シングルブート」を選択し (OSが1つしかインストールされていない場合)、「次へ」をクリックします。
  5. 暗号化オプションは、デフォルトのままでOKです。続いてパスワードを設定します。
  6. 「ランダムデータの収集」が開いたら、マウスを画面上で動かすよう指示されるので動かしましょう。それから「次へ」をクリックします。
  7. このSSDを使い続ける場合は「レスキューディスク」を作成し、ワイプモードで「1-パス」を選択し、「次へ」をクリックします。
  8. 最後に「テスト」をクリックして、すべてを確認しましょう。
  9. あとはパソコンを再起動し、画面の指示に従って進めばたら、暗号化が完了します。

 

暗号化が完了したら、初期化 (フォーマット)し、暗号キーごとデータを削除しましょう。そうすれば、SSD内のデータの復元はほぼ不可能です。

 

 

MacでSSDを暗号化する方法

MacでSSDを暗号化するなら、搭載されている「FileVault」を使うのが手軽で非常に簡単です。デフォルトで搭載されており、もちろん無料です。

 

  1. 「システム環境設定」を開き、「セキュリティとプライバシー」から「FileVault」を開きます。
  2. 鍵のアイコンをクリックし、管理者のパスワードを入力します。
  3. 「FileVaultを入にする」をクリックします。
  4. メッセージが表示されたら「復旧キーを作成して、iCloudアカウントは使用しない」を選び、「続ける」をクリックします。この際、このままSSDを使い続ける場合は作成した復旧キーを覚えておきましょう。SSDを処分するわけですから、その必要はありません。
  5. 指示に従ってMacを再起動します。

 

これで完了です。また、外付けSSDの場合にはFinderやデスクトップ上の外付けSSDのアイコンを右クリックし、メニューの中から暗号化を選べばOKです。

 

MacのSSD暗号化はデフォルトアプリということもあり非常に簡単ですね。

 

 

初期化した後、もう一度暗号化を

SSD 暗号化

各種方法でSSDの全体を暗号化したら、SSDを通常の方法で初期化 (フォーマット)します。

そして、初期化でデータを全て消去したら、空っぽの状態でもう一度SSD全体を暗号化し、SSDを処分します。

暗号化するとパスワードがかかってしまうので、その後リサイクルショップ等に売却するならば、さらにもう一度初期化し、暗号化はしないようにしておきましょう。

これにより、万が一データを復元されても、暗号化されたファイルしか出てきませんし、そのファイルを復号したところで、復号されるのは2回目のデータ (空っぽのデータ)だけなので安全性が高まります。

 

 

WindowsでSSDを初期化する方法

WindowsでSSDを初期化する方法は、Windowsのバージョンや使用しているパソコンのメーカーによって微妙に異なります。

また、SSDを暗号化していると初期化できない場合があります。データを全て削除できれば良いので、ディスクのフォーマットでデータを全て消去してしまってもいいでしょう。

どちらにせよ、Windowsではやり方が複数あるので、ご自身のWindowsのバージョンや使用しているメーカーの初期化方法を調べてみてください。

 

 

MacでSSDを初期化する方法

MacでSSDを初期化する方法は簡単です。

 

  1. デフォルトアプリのディスクユーティリティを開く
  2. 初期化したいSSDを選択→消去をクリック
  3. フォーマットから「Mac OS 拡張 (ジャーナリング、暗号化)」→消去をクリック
  4. ディスクユーティリティ→ディスクユーティリティを終了

 

これでSSDを初期化できます。初期化したいディスクを選ぶ際に、外付けSSDも選べます。

Macはフォーマット (初期化)の際に暗号化も同時で選べるので良いですね。

 

 

 

まとめ

SSDを暗号化せずに手放すのは非常に危険です。暗号化されていないSSDのデータを復元することは非常に簡単だからです。

もちろん、今回紹介した方法でも100%安全というわけにはいきません。

しかし、”現実的”には完璧”です。あなたが国家から追われるスパイでもない限り大丈夫です。

 

今回紹介した方法を使えば、WindowsやMacはもちろん、接続している外付けSSDも簡単に暗号化することができます。

日頃のセキュリティ対策にもなるので、SSDは処分する予定がなくても、普段から暗号化しておきましょう。

 

個人情報等の大切なデータを漏洩させないためには、たとえSSDをゴミとして破棄するとしてもデータの暗号化 & 初期化をしっかり行っておくことが大切です。




follow us in feedly