Macで外付けHDDを暗号化しパスワードをかける方法

MacでUSBメモリや外付けHDDなどの外部ストレージを暗号化し、パスワードをかける方法を解説します。

復号化(暗号化を解除)する方法はこちら。

関連記事:Macで外付けHDDの暗号化を解除する方法

Macにはデフォルトで外部ストレージ(USBメモリや外付けHDDなど)を暗号化する機能が備わっているので、特別なアプリやソフトを使う必要はありません。

*Mac本体の暗号化は「FileVault」を使いましょう

外付けHDDではなく、Mac本体のデータを暗号化するには「FileVault」を使う事を強くオススメします。

参考:FileVaultでMacのデータを丸ごと暗号化する方法

Macで外部ストレージを暗号化する方法

Macで外部ストレージを暗号化するのはとてもカンタンです。

MacにUSBメモリや外付けHDDを挿すと、Finderがそれを認識し、デスクトップやFinderのサイドバーに外付けストレージの項目(アイコンなど)が表示されます。

そしたら、外付けストレージの項目を右クリックなどでショートカットメニューを表示させ、その中にある「暗号化」をクリックします。

MacのFinderで暗号化

注意:もし「暗号化」という項目が出てこない場合は「Macで外付けストレージを暗号化できない場合」の項目をご覧ください。

「暗号化」をクリックするとパスワードの設定画面が表示されるので、「暗号化パスワード」と「パスワードのヒント」を設定します。

Macで暗号化する際にパスワードを設定する

誰にもわからない複雑なパスワードを設定することが大切です。

なお、このパスワードがわからなくなると、誰もそのデータにアクセスできなくなるので、間違いがないよう慎重に設定しましょう。

また、パスワードはパスワード管理ツールにメモをするなどして、絶対に忘れないようにしましょう。

繰り返しますが、パスワードがわからなくなると誰もそのデータにアクセスできなくなります。ウェブサービスとは違うので「Appleに問い合わせて暗号化を解除してもらう」といったことはできません(だからこそ安全なのです)。

暗号化には時間がかかる

この方法では、すでに保存されているデータを失うことなく外付けストレージを暗号化できます。

ただし、すでに多くのデータが保存されている場合、それらのデータも暗号化するので時間がかかります。

もし、外付けHDDなどに何百GBというデータがある場合には、かなり時間がかかる場合もあるので注意しましょう。

暗号化はできる限りデータが入っていない最初の段階で行うのがおすすめです。

なお、外付けストレージの暗号化中でも、Macは通常通り使用できます。

また、暗号化を解除したい場合は以下の記事をご覧ください。

関連記事:Macで外付けHDDの暗号化を解除する方法

Macで外付けストレージを暗号化できない場合

状況によっては暗号化のメニューが表示されず、外付けストレージをMacで暗号化できない場合があります。

その際は、外付けストレージがGUIDパーティション方式でフォーマット(消去)されているか確認してください。

Macで外付けストレージを暗号化するには、外付けストレージがGUIDパーティション方式でフォーマットされている必要があります。

外付けストレージがGUIDパーティション方式か否かは「ディスクユーティリティ」から確認できます。

外付けストレージをフォーマットする方法

*外付けストレージをフォーマットすると、保存されているデータが全て消去されます。

外付けストレージをGUIDパーティション方式でフォーマットするには、まずMacのデフォルトアプリである「ディスクユーティリティー」を開きます。

そしてフォーマットしたいドライブを選び「消去」を選択します。

「”(ディスク名)”を消去しますか?」と尋ねられるので、「方式」に「GUIDパーティションマップ」にして「消去」を選択しましょう。

これでフォーマットは完了です。

まとめ

Macで使うUSBメモリや外付けHDDを暗号化しておくことで、万が一それらを紛失したり、盗難されたりしても、中のデータを誰にも見られずに済みます。

プライベートの写真や個人情報、仕事の重要なデータなど、他人に見られて困るデータを保存する場合には、必ずUSBメモリや外付けHDDなどの外付けストレージを暗号化しておきましょう。