外付けHDDを暗号化しパスワードをかける方法(Windows、Mac)

WindowsやMacで使っているUSBメモリや外付けHDD(SSD)などを、紛失したり、どこかへ置き忘れても、第三者に中身を見られないように、データを暗号化し、パスワードをかける方法を紹介します。

Macで暗号化する

Macで外付けストレージ(USBメモリや外付けHDDなど)を暗号化するには、Finder上で外付けストレージを右クリックし、メニューの中から「暗号化」をクリックすればOKです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

Macで外付けHDDを暗号化しパスワードをかける方法

Windowsで暗号化する

Windowsには「BitLocker To Go」とよばれるUSBメモリや外付けHDDを暗号化できる独自のファイル暗号化機能が導入されています(Windows Vista以降)。

「BitLocker To Go」を使って、USBメモリなどをAES暗号化し、パスワードをかければ、USBメモリ等を紛失しても、その内容が流出する可能性は格段に低くなります(長いパスワードをかけることが前提です。脆弱な短いパスワードは論外)。

Windowsで「BitLocker To Go」を使う方法

エクスプローラーで暗号化したいUSBメモリや外付けHDDなど右クリックし、メニューを表示させます。

メニューの中にある「BitLockerを有効にする」をクリックします。

暗号化は、すでに使用中のドライブ(USBメモリや外付けHDDなど)でも利用できます(初期化されてデータが消えることはありません)。

「BitLockerを有効にする」をクリックすると、「BitLocker ドライブ暗号化」というメニューが表示されるので、そこで、ロックを解除する方法として、「パスワード」か「スマートカード」のいずれか、もしくは両方を選択します。

その後、パスワードを忘れた場合などに必要となる回復キーのバックアップ方法を指定します。

さらに、ドライブを暗号化する範囲の選択と、暗号化のアルゴリズムを選択します。

いずれも、設定の内容について説明がちゃんと書いてあるので、初めての方でも特に迷うことなく設定できると思います。

代替え手段は「VeraCrypt」

「BitLocker To Go」が搭載されていないWindowsを使用している場合や何らかの理由でBitLocker To Goを使いたくない場合は、VeraCryptというオープンソースの暗号化アプリがオススメです。

まとめ:暗号化しておけば、無くしても安心

USBメモリなど、持ち運ぶものは紛失してしまう可能性も高いですよね。

例え重要なデータを扱っていないとしても、見ず知らずの第三者にデータを見られてしまうのは気持ち良いものではないと思います。

USBメモリや外付けHDDなどを紛失してしまっても、データを暗号化しておけば、パスワードがなければファイルを開けなくなりますし、機械を分解して、中のメモリやHDDを直接読み込むといったこともできなくなります。

いざという時のために、USBメモリや外付けHDDなどは必ず暗号化しておきましょう!