iPad Air/miniのストレージ容量は何GBがオススメなのか?

iPad AirやiPad miniのストレージ容量は何GBが最適なのか?選び方を解説します!

iPad(無印)やiPad Proにオススメのストレージ容量については以下の記事をご覧ください。

ストレージ容量の目安

購入するiPad Air/iPad miniに最適なストレージ容量を考えるために、まずはアプリや動画、写真などがどの程度のデータ容量なのか把握しましょう。

iPad Air/iPad miniのストレージ容量を確認する方法

すでにiPhoneやiPadなどを利用している方は自分がどの程度のストレージ容量を使っているか確認しましょう。

iPad Air/iPad miniのストレージ容量は自分のライフスタイル(使用状況)に合わせて選ぶのが一番です。ですから現在の使用状況を把握することはとても大事です。

ホーム画面にある「設定」から「一般」→「iPadストレージ」と進めば、自分がどの程度ストレージを消費しているかわかります。

iPhoneのストレージ容量

*こちらはiPhoneの画面ですが基本は同じです。

アプリや動画などの容量の目安

使用頻度が高いと思われる有名なアプリや動画などがどの程度のデータ量なのか例をあげます。

写真

iPad Air/iPad miniで撮影した写真は少なくとも数MGはあります。

アプリ

  • Twitter:130.7MB
  • Instagram:162.5MB
  • YouTube:237.3MB
  • LINE:286.5MB

アプリは初期の容量です。使用していくうちにデータ容量が増えるアプリがあるので注意してください。

マンガ(Kindle)

マンガは絵なので本の中では容量を多く消費します。Kindleでマンガ(電子書籍)を多くダウンロードするとそこそこの容量になります。

本を読むたびにiPad Air/iPad miniにダウンロードするのであればさほど容量は必要ありませんが、あらかじめ複数の本をダウンロードしておく方は注意しましょう

  • 鬼滅の刃 22:61.945MB
  • ハイキュー!! 45:68.345MB
  • チェンソーマン 9:49.623MB

映画(iTunes)

  • スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼:5.1GB(1080p HD)
  • 天気の子:4.85GB(1080p HD)
  • パラサイト:5.24GB(1080p HD)

動画はかなりデータ容量が多いです。

特に画質がフルHD(1920×1080)で動画の長さが1~2時間ある映画などはかなりデータ容量が大きいので、ストレージ容量も相応の量が必要になります。

ですので「映画をたくさんiPad Air/iPad miniにダウンロードして観たい」という方は多くのストレージ容量が必要になるでしょう。

また、NetflixやAmazon Prime Video、YouTubeなどのストリーミング(動画を見るたびにその都度動画をネット経由で読み込む形)の場合も、いつでも動画が観られる様に端末(iPad Air/iPad mini)に動画をダウンロードした場合は同様に多くのストレージ容量が必要になる可能性があります。

iPad Air/miniのストレージ容量と値段

iPad AirとiPad miniには64GBと256GBのストレージ容量が用意されています。

iPad Air iPad mini
ネットワーク Wi-Fi Wi-Fi + Cellular Wi-Fi Wi-Fi + Cellular
64GB 62,800円 77,800円 45,800円 60,800円
256GB 79,800円 94,800円 62,800円 77,800円

*価格はApple Storeのもので税抜き価格です。

ストレージ容量の選び方

他のiPadやiPhoneの場合、ストレージ容量の種類が3~4種類ほどあるので選ぶのが難しい場合もありますが、iPad AirとiPad miniは64GBと256GBの2種類しかストレージ容量が用意されていません。

なので、選び方はシンプルで以下のようにiPadの用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

  • iPadを音楽やSNSの利用などライトに使う方は64GB
  • 電子書籍や動画の閲覧などヘビーに使う方は256GB

ライトユーザーは64GB

近年、iPhoneやiPadのストレージ容量が非常に多くなり、64GBは実質、最低ラインのような位置付けになっています。

ですが、実際には音楽や写真だけではiPadにかなりの量を保存しなければなかなか64GBを超えることはありません。

音楽や動画をライトに楽しむならば十分な容量です。

一方、動画やマンガなどデータが多い電子書籍をたくさんiPadに入れたい場合はiTunesとの同期やiCloud、Dropbox等のクラウドとの連携で上手く管理する必要があると思います。

クラウドなどと言うと難しく感じるかもしれませんが、要するにiTunesと同期したり、DropboxやiCloudを活用して音楽や動画を管理できるなら(そしてそれで良いならば)64GBで十分です。

64GBがオススメな人

  • 電話やメールなど、基本的な機能しか使わない人
  • クラウドストレージを活用できる人
  • あまりヘビーにiPadを使わない人
  • 動画をあまり保存しない人

ヘビーユーザーは256GB

NetflixやHulu、Amazon Prime Videoなどの動画見放題サービスやYouTubeなどの動画ストリーミングサービスが非常に充実しています。

そうした動画をストリーミングではなく、iPadにダウンロード(保存)してオフライン(ネットがない環境)で見たいという方は容量が多い256GBがオススメです。

また、動画だけでなく、マンガや技術書などデータ容量が多い電子書籍を楽しむ方も256GBが良いでしょう。

256GBを選ぶべき人

  • 動画、写真をたくさん撮る人
  • 4K動画を撮る人
  • たくさんの動画や音楽をダウンロードして楽しみたい人
  • ゲームや本を常にダウンロードしておきたい人(クラウドやiTunesを使いたくない人)
  • 容量のことあれこれ考えたくない人

まとめ

電話やメール、LINEやTwitterやInstagramなどのSNSを使うだけならば一番容量が少ないモデルで十分です。

逆にアプリや動画をたくさんダウンロードしたい方は256GBモデルを選んだ方が良いでしょう。

自分のライフスタイルと相談して最適な容量を選んでください。