iPhoneのストレージ容量を確認する方法

iPhoneやiPad、iPod touchのストレージ(空き容量)を確認する方法を解説します。

iPhoneやiPadのストレージ容量を確認する方法

iPhone(iPad、iPod touch)の「設定」から「一般」→「iPhoneストレージ」と進めばOKです。

(iPad、iPod touchの場合はそれぞれ「iPadストレージ」「iPod touchストレージ」となります。)

iPhoneのストレージ容量を確認する方法

*こちらの画像(スクリーンショット)はiPhoneのものですが、iPadやiPod touchでも同じような画面が表示されます。

「iPhoneストレージ」の項目を開いてすぐには情報が表示されないことがあります。少し待てばストレージ内の情報が全て表示されるようになります。

逆に開いてすぐには非正確な情報が表示されている場合があるので注意しましょう。例えば、上の画像ではやたら「その他」が多いですが、これは読み込み中で、実際は「App」が多いです。

ストレージを占めるコンテンツの内訳について

「iPhoneストレージ」の項目の一番上には棒グラフではストレージを占めるコンテンツ(データ)の内訳が表示されます。

iPhoneのストレージ容量を確認する方法

内訳には主に以下のコンテンツが表示されます(iPhoneやiPadの利用状況によって表示される項目は変わります)。

  • システム:iOSやiPadOSが消費している容量。
  • App:アプリの容量。アプリそのものの容量だけでなく、アプリ内にダウンロード下コンテンツなども含む。
  • メディア:音楽、ビデオ、Podcast、着信音、アートワーク、ボイスメモ
  • 写真:アプリ「写真」に保存されている写真や動画
  • メール:メールとその添付ファイル
  • ブック:アプリ「ブック」に入っているブックやPDF
  • メッセージ:メッセージとその添付ファイル
  • iCloud Drive:デバイスにローカルにダウンロードされた iCloud Drive のコンテンツ。
  • その他:Siri の音声、キャッシュ、フォントなど(また、読み込みが終了していないデータを一時的に「その他」として表示している場合もあります。しばらく待っていれば正しい棒グラフになります)。

また、右上の「使用済み」を見れば、iPhoneやiPadの全体のストレージ容量と使用している容量がわかります(上の画像の場合、iPhoneの容量は64GBで、そのうち38.9GBを使用しています)。

各アプリが使用しているストレージ容量

「iPhoneストレージ」の画面を下に進むと、各アプリごとに使用しているストレージ容量がわかります。

iPhoneのストレージ容量を確認する方法

↑ストレージを占める容量が多い順にアプリの情報が並びます(こちらも表示には時間がかかる場合があります)。

アプリをタップすると詳細を確認することができます。

iPhoneのストレージ容量を確認する方法

詳細はアプリごとに異なります。

例えば「ミュージック」アプリでは「アーティスト」や「アルバム」、「曲」ごとに、どれだけストレージ容量を消費しているかがわかります。

iPhoneのストレージ容量を確認する方法

まとめ:iPhoneのストレージ容量を確認する方法

今回した方法であれば、パソコン(Mac)のiTunesやFinderなしで、iPhoneやiPad、iPod touch本体のみでストレージ容量の詳細を確認することができます。

ストレージが足りなかったり、不要なアプリを見つけたら、その場で削除できるので非常に便利です。

特別な手順は不要で、「設定」からカンタンに操作できるので、覚えておくと良いでしょう。

参考(公式サイト):iPhone、iPad、iPod touch のストレージを確認する方法 – Apple サポート