iPhoneのパスコードに英字(アルファベット)を入力する方法

iPhoneを使っている方の多くは6桁のパスコード(暗証番号)を設定していると思います。

ですが、6桁の数字だけのパスコードはそこまで強力ではありません(もちろん、通常利用には十分ですが)。

iPhoneをビジネスで利用している方など、iPhoneのセキュリティを強化したい方のために、英数字(アルファベット)を使用したより強力なパスコード(パスワード)を設定する方法を紹介します。

iPhoneのパスコードを変更する方法

iPhoneのホームから「設定」→「Face IDとパスコード」と進みます(iPhoneがTouch IDを搭載している場合は「Touch IDとパスコード」)。

古いパスコードを求められるので、入力して「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」の項目へ進みます。

iPhoneのパスコードを変更する方法

「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」の項目へ進んだら、青い文字の「パスコードを変更」をタップします。

「パスコードを変更」に進んだら、現在のパスコードを入力します。すると「新しいパスコードを入力」という画面に移ります。ここで、新しいパスコードを入力せずに、青字の「パスコードオプション」という項目を選択しましょう。

iPhoneのパスコードを変更する方法

青字の「パスコードオプション」を選択すると、オプション画面が表示され、3種類の選択肢が表示されます。

パスコードに英数字(アルファベット)を利用する場合は、「カスタムの英数字コード」を選択します。

すると、新しいパスコードの入力画面に移るので、任意のパスコードを入力しましょう(桁数が少ないなど、パスコードがシンプルだと警告が出ます)。

iPhoneに新しいパスコードを設定する

新しいパスコードを入力すると、確認のためパスコードの再入力を求められるので同じパスコードを入力します。

入力が完了すると「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」の画面に戻ります。パスコードの設定・変更はこれで完了です。

ロック解除画面も変化

iPhoneの通常のロック解除画面は6つ(4つ)の丸が表示され、数字を入力することになります。

しかし、設定を変更し、桁数の変更や英字の利用をすれば、ロック画面の入力欄も変更されます。

iPhoneのロック解除画面

iPhoneのロック解除画面を表示してみると、6桁(4桁)のパスコードを設定している場合と比べ、表示が変わっていることがわかると思います(右側のスクショ。実際の画面では下半分にキーボードが表示されています)。

まとめ:iPhoneには強力なパスワードを設定しよう

この方法を使えば、通常の6桁のパスコード(以前は4桁のパスコード)よりも強力なパスコードやパスワードを設定することができます。

また、パスコードの桁数が変わることで、ロック画面を見ても設定しているパスコードの桁数がわからなくなり、大幅なセキュリティの向上が期待できます。

iPhoneにはたくさんの個人情報が入っています。iPhoneのセキュリティやプライバシーが気になる方はぜひこの方法でセキュリティを強化しましょう。

iPhoneをビジネスシーンで利用している方など、iPhoneのセキュリティを向上させたい方に非常にオススメの方法です。

参考:iPhone、iPad、iPod touch でパスコードを使う – Apple サポート (日本)