クレジットカードの旅行保険とは

クレジットカードの旅行保険

クレジットカードには付帯保険というサービスがついていることがあります。

カード会社によって内容や適用範囲は異なりますが、無料もしくは小さな負担で利用可能ながら充実した補償が受けられる非常にお得なサービスです。

今回は、クレジットカードの付帯保険の種類と内容について解説します。

 

旅先でのトラブルに対応するクレジットカードの旅行保険

旅先で発生した事件や事故によって被った被害を保障してくれるのがクレジットカードの旅行保険です。

旅行保険には海外旅行保険と国内旅行保険の2種類があり、カード会社によっては海外旅行のみ、もしくは国内旅行のみを保証対象にしている場合もあるのでよく確認しておきましょう。

 

 

自動付帯と利用付帯

適応の条件についても、自動付帯と利用付帯の2種類があります。

  • 自動付帯:無条件で利用できる
  • 利用付帯:旅行に関する代金の一部 (ホテル代や飛行機代など)を対象のクレジットカードで決済しないと使えない

 

自動付帯でも利用付帯でも、多くのクレジットカードは旅行保険のために新たな費用負担は基本的に必要ないので安心です。

ですが、追加料金を払うことでより充実した保障内容にグレードアップできるクレジットカードもありますし、中には追加費用を負担しないと付帯保険が利用できないクレジットカードもあるので、付帯保険の内容をきちんとチェックし目的にあった保険が利用可能かを確認しておきましょう。

 

 

 

旅行保険でされる範囲

旅行保険でカバーされるのは旅行先での傷害死亡や後遺障害、疾病や障害の治療、携行品被害や賠償責任、事故時の救援者負担などあらゆるケースが対象になるため、旅先で何かトラブルが起きても費用の心配がいらず安心です。

特に海外旅行では日本とは大きく物価や相場が異なるため、ちょっとしたトラブルでも高額請求される恐れがあります。

傷を縫う程度の治療代に100万円以上請求されることも珍しくありませんから、旅先での備えとして旅行保険が適用されるクレジットカードを利用して代金を支払っておきましょう。

 

 

 

まとめ

付帯保険はカード会社によって保障対象範囲や補償金額などに大きな違いがあります。

クレジットカードの旅行保険を使いたい方は事前にしっかりチェックしておきましょう。

 

クレジットカードの旅行保険は非常に充実しており、条件もいいので、もし普段利用しているクレジットカードの付帯保険に旅行保険がないのなら、旅行保険を別に契約するより、保険用に新たなクレジットカードを作成しても良いでしょう。




follow us in feedly