クレジットカードの旅行保険とは

クレジットカードの旅行保険

クレジットカードには付帯保険というサービスがついていることがあります。

カード会社によって内容や適用範囲は異なりますが、無料もしくは小さな負担で利用可能ながら充実した補償が受けられる非常にお得なサービスです。

今回は、クレジットカードの付帯保険の種類と内容について解説します。

スポンサーリンク

 

旅先でのトラブルに対応するクレジットカードの旅行保険

旅先で発生した事件や事故によって被った被害を保障してくれるのがクレジットカードの旅行保険です。

旅行保険には海外旅行保険と国内旅行保険の2種類があり、カード会社によっては海外旅行のみ、もしくは国内旅行のみを保証対象にしている場合もあるのでよく確認しておきましょう。

 

 

自動付帯と利用付帯

適応の条件についても、自動付帯と利用付帯の2種類があります。

  • 自動付帯:無条件で利用できる
  • 利用付帯:旅行に関する代金の一部 (ホテル代や飛行機代など)を対象のクレジットカードで決済しないと使えない

 

自動付帯でも利用付帯でも、多くのクレジットカードは旅行保険のために新たな費用負担は基本的に必要ないので安心です。

ですが、追加料金を払うことでより充実した保障内容にグレードアップできるクレジットカードもありますし、中には追加費用を負担しないと付帯保険が利用できないクレジットカードもあるので、付帯保険の内容をきちんとチェックし目的にあった保険が利用可能かを確認しておきましょう。

 

 

 

旅行保険でされる範囲

旅行保険でカバーされるのは旅行先での傷害死亡や後遺障害、疾病や障害の治療、携行品被害や賠償責任、事故時の救援者負担などあらゆるケースが対象になるため、旅先で何かトラブルが起きても費用の心配がいらず安心です。

特に海外旅行では日本とは大きく物価や相場が異なるため、ちょっとしたトラブルでも高額請求される恐れがあります。

傷を縫う程度の治療代に100万円以上請求されることも珍しくありませんから、旅先での備えとして旅行保険が適用されるクレジットカードを利用して代金を支払っておきましょう。

 

ただし、クレジットカードに限りませんが、保険は基本的に後から代金を補償してくれるもの。

一時的に自分でお金を立て替えなければなりません。お金が不要というわけではないので、注意しましょう。

手持ちのお金やクレジットカードの限度額に不安がある場合は、補償されるタイミングについても調べておいた方がいいでしょう。

 

 

病院にかかる場合も安心

クレジットカードの付帯保険はただお金を補償してくれるだけではありません。

カードによっては以下のようなサービスが付帯していることもあります。

  • 病院の紹介、手配
  • 入院、転院の紹介、手配
  • 病院への通訳の派遣
  • 支払い
  • キャッシュレス診察 (下記参照)

 

キャッシュレス診察

最近では「キャッシュレス診察」に対応しているクレジットカードも増えています。

キャッシュレス診察とは名前の通り、お金を一切使わずに診察を受けられるサービスです。

これは保険会社に電話し、手配してもらった提携病院に行くだけでOKのサービスです。病院選びから支払いまで全て保険会社が行なってくれるので非常に便利です。

ただし、全ての病院がキャッシュレス診察に対応しているわけではないので注意してください。

日系病院や、外国人向け病院なら提携している可能性が高いですが、地方や田舎に行くとキャッシュレス診察ができないことも多いので、旅行先を調べる際はその点も注意しておいた方がいいでしょう。

 

もちろん、これらのサービスや保険がつくかどうかはクレジットカード次第です。

同じカードでも、「通常カードには付帯しないが、ゴールドカードには付帯する」といったこともあります。

条件をよく確認しておきましょう。

 

 

 

まとめ

付帯保険はカード会社によって保障対象範囲や補償金額などに大きな違いがあります。

クレジットカードの旅行保険を使いたい方は事前にしっかりチェックしておきましょう。

クレジットカードの旅行保険は非常に充実しており、条件もいいので、もし普段利用しているクレジットカードの付帯保険に旅行保険がないのなら、旅行保険を別に契約するより、保険用に新たなクレジットカードを作成しても良いでしょう。

 

ただし、医療費が特に高い欧米諸国へいく場合は、クレジットカードの海外旅行保険ではカバーできない可能性があるので、複数のクレジットカードの海外旅行保険を使うか、別途海外旅行保険に加入した方が良いでしょう。