Standard Notes|セキュリティに優れたシンプルなメモアプリ

Standard Notes

セキュリティと利便性に優れたシンプルなメモアプリ「Standard Notes」を紹介します。

 

Standard Notesとは?

「Standard Notes」とは、「100年後でも読むことが可能であること」「プライバシーが守られていること」の2点に着目した非常にシンプルで自由度の高いメモアプリ (ノートアプリ)です。

Standard NotesのURLはhttps://standardnotes.org/で、「.org」というドメインを利用していることからも分かる通り、寄付による収入を主とした非営利のプロジェクトによって開発されています。

 

 

無駄な機能やアップデートはありません。

Evernoteなどのメモアプリ、メモツールを使っていて、「アップデートして改悪された!」と思った経験はありませんか?

よくわからない機能が追加されたり、逆に機能に制限がかかったり、そもそも同期にやたら時間がかかったり、アプリがクラッシュしたり…

そんな経験がある方も少なくないと思います。

 

しかし、Standard Notesの強みは最初に紹介した通り、耐久性とセキュリティです。

Standard Notesではアプリの改良ではなく耐久性とセキュリティを重視しているので、機能の追加は最小限に留めています。

新しい機能やサービスにお金を使うのではなく、ただひたすらにセキュリティと耐久性を高めることだけに注力しています。

そのため、他のメモアプリやメモツールにありがちな、不要な機能追加や無駄な仕様変更はありません。

 

セキュリティや耐久性に関心がある方だけでなく、既存のメモアプリに使いづらさや不便さなど、ごちゃごちゃした印象を抱いている方にも強くオススメです。

 

 

非営利、だから個人情報が守られる

Standard Notesは非営利であるため、個人情報を一切利用しません。

例えば、Evernoteでは機能をフルに利用するためにはクレジットカード等を登録し、お金を払う必要があります。

iPhoneやMacのメモアプリではiCloudと自動的に紐づいてしまう可能性もあります。

 

しかし、Standard Notesは営利を目的とはしておらず、また他に紐づくサービスもないため、いつの間にか自分のメモが他のサービスと紐づいたり、支払いのために個人情報を入力する必要はありません。

もちろん、メモの内容やアプリの使用状況などを解析されたり、トラッキングされることもありません。

 

 

もちろんデフォルトで暗号化されています。

Standard Notesに書き込んだ内容はデバイスからサーバーにデータが送られる段階で暗号化されるので、もしサーバーがハッキングされたとしてもノートに書かれた内容は守られます。

 

 

様々なデバイスに対応。

Standard Notes Androidアプリ

Standard Notesは、

  • ウェブブラウザ
  • macOS
  • Windows
  • Linux
  • iOS
  • Android

以上のOS、プラットフォームに対応しており、それぞれのアプリは無料でダウンロードできます。

そのため、様々なデバイスに対応できますし、会員登録をすればそれぞれのノートを同期させることも可能。

Evernoteのようにデバイスの台数制限もありません。もちろん無料です。

 

 

 

まとめ

GoogleやApple、Evernoteなど、多くの企業がメモアプリを開発・リリースしています。

「Standard Notes」はまだできたばかりのアプリで知名度も低く、派手な機能もありません。

しかし、そのシンプルさからもたらされる耐久性とセキュリティの高さが、Standard Notesを使う何よりのメリットです。

 

もちろん、セキュリティ面だけでなく、「シンプルなノートアプリを使いたい」「ノートの同期に台数制限がないメモアプリが良い」といった方にもオススメです。

個人的にはiOSアプリが非常に重く、また同期できるデバイス数に制限ができたEvernoteの乗り換え先として最適です。




follow us in feedly