Standard Notesはプライバシー保護が魅力!運営すら内容は読めない!

Standard Notesはプライバシー保護が売りのノートアプリ(メモアプリ)です。

データ(ノートの内容)はE2EE(エンドツーエンドの暗号化)により、パスワードを知っているユーザー以外、誰も確認する事が出来ません。

サイトのトップページには以下の様なメッセージが(英語で)載っています。

Standard Notesは、デジタル派とプロフェッショナルのためのエンドツーエンドの暗号化されたノート作成アプリです。

メモ、ファイル、ライフワークのすべてを1つの安全な場所に収めましょう。

出典:Standard Notes | End-To-End Encrypted Notes App

E2EE(End-To-End Encrypted。エンドツーエンドの暗号化)とは、簡単に言うと、データ(ノートの内容)を確認できるのはデバイス(スマホやパソコン)上だけだという事です。

Standard Notesのデータがサーバーに送られる際も、自身が持っている他のデバイス(パソコンやスマホなど)と同期される際も、それらは全て暗号化されたデータです。

自分のデバイスからデータが離れる際は必ずノートのデータが暗号化され、自身のデバイス上でのみ暗号を解除(複合)する仕組みです。暗号を解除するための鍵は自分が知っているパスワードのみです。

そのため、Standard Notesの運営やネット回線のプロバイダ、ノートのデータを保存しているサーバー会社さえ、ノートの内容を確認する事は不可能です。

悪意のあるハッカーや検閲する政府機関などが、自身のデータを傍受(盗み見)しても、内容を確認する事が出来ません。

逆に、Standard Notesの運営でさえ、内容を確認できない(≒パスワードを保存していない)ので、Standard Notesには一般的なウェブサービスにあるパスワードの再設定機能がありません。

自分がパスワードを忘れた場合、ノートに一切アクセスできなくなる可能性があるので注意が必要です。

関連記事:Standard Notesはパスワードのリセットができない

また、パスワードが強力であることが前提です。

言うまでもなく、パスワードを「123456」のような誰でも解読できるような簡単なものにしていたり、自分がパスワードを安全に保管せず、他の誰かがパスワードが分かる状態にしている場合には意味がありません。

Standard Notesのプライバシー保護は、自身が強力なパスワードを設定し、そのパスワードを適切に管理している事が前提です。

参考:Who can read my private notes?