楽天カードのキャッシングとは?金利手数料や使い方について解説

楽天カードキャッシングはどのようなサービスなのか?金利手数料や使い方について解説します。

楽天カードのキャッシングとは?

楽天カードでは他のクレジットカードと同様にキャッシング機能を利用することができます。

楽天カードのキャッシング機能を使えば、コンビニや銀行のATMから現金を引き出したり、パソコンやスマートフォンから自分の銀行口座に現金を振込むことが事ができます。

クレジットカードを使って現金をお借入れできる機能です。
お近くのコンビニや銀行のATMでの現金の引き出しや、パソコン、スマートフォンからお引き落とし口座への送金が可能です。
海外でもご利用いただけます。

出典:キャッシングサービスのご紹介|楽天カード

キャッシングの手数料は?

楽天カードでキャッシングを利用する場合には、手数料がかかります。

金利手数料

金利手数料(利息)がかかります。

楽天カードの場合、手数料は年率18%です。

  • 実質年率 18.0%
  • 遅延損害金 20.0%

金利の計算方法は以下の通りです。

  • 利用残高 x 実質年率 ÷ 365日 x 利用日数 = 金利

例えば、1万円を1年間(365日)借りた場合、金利手数料は1,800円になります。

計算:10,000円 x 18%= 1,800円

ATM利用手数料

ATMからキャッシングをする際は別途ATMの利用手数料がかかります。

借入額 ATM利用手数料(税込)
1万円以下 110円
1万円超 220円

*手数料は税込です。

まとめ

キャッシングは非常に金利手数料が高い借金なので、基本的にはオススメしません。

筆者も楽天カードは使っていますが、キャッシングは使っていません。

ですが、海外キャッシングなど便利に使える場面もあるので、計画的に上手く活用すると良いでしょう。

参考:キャッシングサービスのご紹介|楽天カード