リボ払いを早く完済するための5つのコツ

リボ払いの返済

クレジットカードのリボ払いを早く完済するためのコツを紹介します。

 

リボ払い

リボ払い、その仕組みから借金地獄に陥りやすいサービスです。

このページではリボ払いで借金地獄に陥ってしまった方のために、リボ払いの借金地獄から抜け出すための基本中の基本を解説します。

 

 

新しい買い物をしない。

借金返済の基本中の基本です。

どれだけ借金を返済していても、新たにお金を使ってしまっては借金は減りません。

まして、新しく買い物した分までリボ払いにしていては返せるものも返せません。

リボ払いに限らず、借金を減らすと決めたら支出を減らしましょう。

これは借金返済の大前提です。

 

 

手元のものを売ってでも元本を減らす。

リボ払いの残高はその高い利息で常に増えていきます。

例えば50万円の支払いを年率15%のリボ払いにして1年放置すると、1年で75,000円の利息がかかります。

これは1日あたり205円ほど借金が増えている計算になります。

支払いが1ヶ月遅れれば6,000円ほど借金が増えるわけですが、裏を返せば1ヶ月早く返済すればそれだけで6,000円借金が減るわけです。

 

この後も繰り返し述べますが、リボ払いは1日でも早く返すことが重要です。

ですから、手元のものを売ってでもお金を作り、リボ払いの元本(残高)を減らすことが重要です。

先述の例で言うと、50万円の支払いをリボ払いにしていると、1年で75,000円ほど借金が増えてしまうことがあります。

すぐに返済すれば75,000円が浮くわけですから、例えあとで買い直すことになっても今は持ち物を売って返済した方が良いケースは往往にしてあります。

 

 

リボ払いの借金を一社にまとめる。

リボ払いの借金が複数社に渡っていると、以下のようなデメリットがあります。

  • 借金の管理が面倒になる
  • どのリボ払いを優先的に返済するべきか考えなくてはいけない
  • リボ払いを使っているのに、毎月の返済額が数万円に登る。
  • リボ払いで得られるポイントも各社に分散する

こうしたデメリットを防ぐために、リボ払いは一社にまとめた方がお得です。

 

特に借金を正しく正確に管理することは、借金を返済する上で非常に重要です。

クレジットカードAには5万円、クレジットカードBには35万円、クレジットカードCには15万円の借金がある、という状態は現状を把握しにくく、支払いを忘れてしまうリスクも高まります。

それより、クレジットカードAとクレジットカードBは利用していない。クレジットカードCには55万円の借金があるという状態の方が管理が容易いのは言うまでもありません。

 

リボ払いの借金を一社にまとめるためには、以下のような方法があります。

  • 額が少ないクレジットカードに集中してリボ払い残高の返済をする。
  • 新しくリボ払いを使ってしまう場合には、最も多くリボ払いを使っているクレジットカードを使う
  • 消費者金融に借り換える

 

この中で、残高を減らせる可能性があるのは、他の消費者金融に借り換えることです。

これはアイフルやプロミスなどの消費者金融で新たに借金をし、そのお金でクレジットカードの借金を全て返済するという方法です。

消費者金融の中にはこうした他社の借金返済用の「借り換えローン」や「おまとめローン」を提供している会社があるのでそれを利用するのがオススメです。

 

新しくお金を借りても、それを全額返済に当てれば借金の総額は変わりません。

そうすることで、借金は全てプロミスやアイフルなど新しく契約した消費者金融に集中されます。

消費者金融を使うと、一定期間利息が付かなかったり、借りる額が大きければリボ払いよりも遥かに少ない利率で借金ができるので、後の返済が楽になります。

 

ただし、借り換えローンを利用する場合には借り換えた先のローンの利率が最低でもリボ払いの利率以下でなければ損をしてしまいます。

また、リボ払いの状況によってはそもそも借り換えローンの審査自体降りないこともあるので注意が必要です。

 

 

毎月少しでも多く返済する

リボ払いのサービスによっては毎月3,000円や5,000円など、毎月の返済がかなり少ない額の場合も多いです。

しかし、何度も述べた通り、返済に時間がかかればかかるほど、利息が増えてしまい、返済は困難になります。毎月1円でも多く返すことが重要ですから、余裕があるならば迷わず毎月の返済額を上げましょう。

毎月の返済額を簡単に変更できるクレジットカードであれば、毎月の収入に合わせて返済額を上げましょう。

サラリーマンなど、毎月の収入が固定で分かっているならば、最低これだけは返済に充てられると決めて、毎月の返済額を高めに設定しましょう。

 

 

お金ができたらすぐに繰上げ返済する

まとまったお金ができたら、すぐに繰上げ返済しましょう。

クレジットカード会社によって仕組みや手数料は異なりますが、リボ払いの残高は繰り上げ返済することができます。

 

普段は毎月5,000円や10,000円しか返済していない方も、ボーナスやお年玉、不用品を売った時などまとまったお金が手に入った際は繰り上げ返済でリボ払いの残高を減らしましょう。

リボ払いの残高は常に利子で増えてしまいます。ですから、例え一括返済できない場合でも繰り上げ返済で少しでも借金を減らしましょう。

 

クレジットカード会社によって繰り上げ返済の条件は異なりますが、利便性の高いクレジットカード会社の場合はATMからいつでも返済できます。

そうでなくても、サポートに連絡をすれば、専用口座に振り込むなどの方法で返済することができます。

 

中には、その月だけ返済額を増やすというやり方もできます。

すぐに返済するのと、その月の引き落とし日に多く返済するのとで手数料と引き落とし日までにかかる利息の差額によってどちらがお得か変わるので、計算してみましょう。

 

 

 

まとめ

リボ払いは利息や手数料が非常に高く、メリットが非常に少ない借金です。

早く返済すればそれだけかかる利息や手数料が減るので、リボ払いを利用している方は急いで返済しましょう。




follow us in feedly