イタリアの言語は?|英語は使えるのか?

イタリアの言語

イタリアで話されているのは何語なのか?イタリアで英語は使えるのか?

イタリアの言語について紹介します。

 

イタリアの公用語は英語

公用語はイタリア語です。

エスノローグによる調査ではイタリア国民の内、約5700万名がイタリア語を使用していると報告しています(イタリアの人口は約6000万人)。

 

 

イタリア語とは

イタリア語はイタリアを中心におよそ6000万人が使用している言語です。

イタリア語を公用語としている国は以下の三ヶ国です。

  • イタリア
  • サンマリノ
  • スイス(ドイツ語、フランス語、ロマンシュ語と併用)

これら3ヶ国に加え、バチカンでも常用されます(バチカンの公用語はローマ語)。

 

ちなみに日本語とイタリア語の関係は、一部の単語(ほとんど名詞)を借用する程度に止まっています。(例:インフルエンザ、オペラ、カジノなど)

 

 

 

イタリアで英語は通じるのか?

イタリアでは基本的に英語は通じません!

 

イタリアは世界的な観光大国で、毎年世界中から多くの観光客が訪れますが、英語は得意ではないようです。

イタリアでは小学校から英語教育がされているため、若い世代には英語を話せる人が多くいます。

しかし、南部に行くほど英語が通じにくく、大都市ナポリでさえ通じないとか。

 

ですが安心してください。

空港やホテル、レストラン、お土産物屋さんなど、観光客の多い地域(場所)なら、たいてい英語が通じます。

また、ミラノやローマ、フィレンツェなどの大都市では、チケットの券売機や道路標識、看板などがイタリア語と英語を併記しているので安心です。

 

ただし、タクシーの運転手さんは、英語を話せないことが普通なので注意しましょう。

 

ちなみに日本語は観光地の一部でしか通じません。基本的に日本語は通じないものと考えたほうがいいでしょう。

 

 

 

まとめ

イタリアの公用語はイタリア語で、英語はほとんど通じません。

旅行で行く程度なら困りませんが、それ以上となると通じないと考えていいでしょう。

イタリア移住やイタリアでのビジネス、観光地以外の場所に旅行いに行く場合は注意しましょう。

 

関連する記事