クレジットカードを不正利用されないための対策

クレジットカード 不正利用

クレジットカードの不正利用防止の仕組みは充実しています。

正しく使うことで、クレジットカードを非常に安全に使えるので、自分でしっかり不正利用の対策をしておきましょう。

 

不正利用対策をすれば補償もされる

ちゃんと不正利用に対して対策を施しておけば、不正利用された際も保険が適用され、被害を補償できます。

 

 

紛失・盗難防止

紛失、盗難防止は不正利用対策の基本中の基本です。

クレジットカードは他の貴重品同様、外では肌身離さず持ち歩きましょう。

ATMを使うときも、目を離さずに使うことが大切です。

また、紛失した際は、すぐにカード会社に連絡し、カードを停止することが大事です。盗難にあった際は、カード会社だけでなく、警察にも届け出ましょう。

 

 

 

スキミングの防止

スキミングとは、「クレジットカードの情報を読み取り、同じカードを作って利用する方法」で、簡単にいうと「偽造」です。

怪しいお店や特殊な装置が設置されたATMでクレジットカードを使うと、スキミングの被害に遭う可能性があります。

日本では少ないですが、海外での被害は多いので、海外旅行や出張でカードを使う際は注意しましょう。

 

対策は怪しいお店でカードを使わないことです。信頼できないお店ではカードを使用しないようにしましょう。

怪しいとわかっていてカードを使い、スキミングの被害に遭うと、不正利用された分が補償されない可能性もあります。

また、ATMなどにクレジットカードを挿入する際は、ATMに変な機械が設置されていないかなどを確認しましょう。

 

 

個人情報の流出防止

リアル店舗での利用はもちろんのこと、ネット通販での利用は特に個人情報の流出に気をつけましょう。

 

当然のことですが、信頼できない通販サイトではクレジットカードを利用しないようにしましょう、

また自分のパソコンから個人情報が盗まれることもあるので、パソコンやスマフォのウイルス対策はしっかり行い、公共のWi-Fiを使う場合は、VPNを使ってプライバシーをしっかり守りましょう。

 

 

 

暗唱番号は第三者にわかりにくい数字にする

暗証番号は他人に推測されない数字を使いましょう。

誕生日や同じ数字を使うなどもってのほかです。

また、暗唱暗号は定期的に変更しましょう。

 

 

利用明細をこまめに見る

利用明細はこまめに確認しましょう。

こまめに利用明細や請求をチェックすれば、不正利用に早く気がつくことができます。

不正利用に対して素早い対応が出来れば、盗難保険も適用されやすく、被害が補償されるので安心です。

 

 

 

まとめ

クレジットカードは適切に使えば非常に安全な決済手段です。

不正利用されても、自分が正しく使っていれば全額補償されるので安心です。

現金では盗まれたり、勝手に使われたらまず返ってこないので、クレジットカードの方が安心です。

日頃から不正利用対策を考え、クレジットカードを安全に使いましょう!


関連記事