月途中でKindle Unlimitedを入会/退会した場合の料金と残り日数

月途中でKindle Unlimitedを入会/退会した場合の料金と残り日数

Amazonの本読み放題サービスである「Kindle Unlimited」に入会する場合、月の途中から入会すると月額の計算はどうなるのか?

また、月の途中で解約した場合、残りの日数やその月の料金はどうなるのか?

この2点についてAmazonのサポートに問い合わせ、確認がとれたので解説します。

Kindle Unlimitedの1ヶ月は「30日」

Kindle Unlimitedでは1ヶ月を30日として扱っています。

入会した日を含め30日間が1ヶ月という計算です。

例えば、1月1日にKindle Unlimitedに入会した場合、1月1日~1月30日までがKindle Unlimitedに入会している期間(1ヶ月)ということになります。

利用料金の計算

Kindle Unlimitedでは1ヶ月(30日)980円で利用できます。

利用期間(30日)が終了した翌日に請求がされます。

例えば、1月1日からKindle Unlimitedを使用した場合、利用料金の請求は以下のようになります。

請求のタイミング 利用できる期間
1ヶ月目 なし(無料期間*) 1月1日~1月30日
2ヶ月目 1月31日に利用料金の請求(通常980円) 1月31日~3月1日(2月が28日間と想定)
3ヶ月目 3月2日に利用料金の請求(同上) 3月2日~3月31日
4ヶ月目 4月1日に利用料金の請求(同上) 4月1日~4月30日

*Kindle Unlimitedには初回の入会に限り、30日間無料で利用することができます。

期間中に解約してもサービスは継続

Kindle Unlimitedは契約期間中に解約した場合でも、サービスが即使えなくなるということはありません。契約期間の最終日までサービスを利用することができます。

例えば、契約期間が1月1日~1月30日の場合、1月15日にKindle Unlimitedを解約しても、1月30日までは通常通りサービスを継続して利用することができるということです。

逆に言えば、Kindle Unlimitedは月の途中で使えなくなるということがないので、日割り計算による利用料金の返金・減額が行われることはありません。

まとめ

Kindle Unlimitedは一見、月単位で課金をしているように見えますが、実際には30日単位での課金になります。

入会や退会のタイミングで本を読める期間が短くなったり、料金が変わったりということはありません。

そのため月の途中でも気軽に入会・退会することが出来ます。

公式サイト:Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円とビジネス書を一冊読めば元が取れる価格なのでオススメです!