Anker PowerCore Fusion 5000のレビュー

モバイルバッテリー兼急速充電器として使える、「Anker PowerCore Fusion 5000」のレビューです。

筆者が実際に使ってみてよかった点を紹介します。

急速充電が非常に便利!

Anker PowerCore Fusion 5000は急速充電に対応しています。

そのため、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを非常に早いスピードで充電することができます。

筆者はiPhoneで利用しましたが、iPhoneに付属している電源アダプタよりも圧倒的に早いスピードで充電できたので感動しました。

スマホやタブレットに付いてくるUSB充電器では充電スピードが不満という方には、ぜひ一度試して欲しいです。

Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、スマートフォンを始め、タブレット端末、GPS搭載機器、ゲーム機やその他USB接続機器へのフルスピード充電を実現します

出典:Anker Japan

コンセントに直接挿せる!充電を忘れる心配も減ります!

Anker PowerCore Fusion 5000にはプラグがついており、ケーブルを使わなくても直接コンセントに挿して、充電することができます。

こんな感じです(画像はAmazonより)。

Anker PowerCore Fusion 5000はコンセントに直接挿せる

このような作りなので、持ち運ぶ際にAnker PowerCore Fusion 5000を充電するためのケーブルを持ち運ぶ必要がありません。

非常に手軽で便利です。

また、コンセントに挿しっぱなしにしておけば、PowerCore Fusion自体の充電を忘れる心配が無くなるのも非常に嬉しい点です。

ちなみに充電の順番ですが、USBで機器が繋がっている状態では、まずその機器が充電されます。その後、Anker PowerCore Fusion 5000本体の充電が開始されます。

コンセントからAnker PowerCore Fusion本体とその他の機器を充電できます。始めにお使いの機器を充電し、その後Anker PowerCore Fusion本体の充電を開始します。

出典:Anker Japan

なお、コンセントがなくても、Micro USBを使って充電することもできます(Micro USBケーブルが付属しています)。

USBの口が2つあるのが良い

Anker PowerCore Fusion 5000には充電用のUSB-Aポートが2つあるので、スマートフォンやタブレット等を2台同時に充電できます。

コンセントに挿した状態で使えば、1つのコンセントで2つのUSBポートが使えるようになるので、電源タップ(たこ足配線)としても非常に便利です。

コンパクトで手軽なサイズ!

Anker PowerCore Fusion 5000はサイズが非常にコンパクトで良いです。公式サイトの製品仕様によれば、重さと大きさは以下の通りです。

  • 重量:約189g
  • サイズ:約72 x 70 x 31(mm)

手のひらサイズと言った感じです。

ただ、ちょっと分厚いかなとも思いました。

コンセントの幅があるのでしょうがないとは思いますが、他のAnkerのモバイルバッテリーと比べると厚いですね。

重さは普通です。他のAnkerのモバイルバッテリーと比べると軽い方でしょう(容量や機能が違うので一概に比較はできませんが)。

価格も手軽!

価格はお手頃です。Ankerのモバイルバッテリーの中でも安い方です。

ただ、モバイルバッテリーの容量だけで見ると、そこまで安い訳ではありません。

PowerCore Fusion 5000の価格(公式)

  • ブラック:2,899円(税込)
  • ホワイト:3,099円(税込)
  • レッド:3,099円(税込)

なぜかブラックだけ200円安いです。

筆者はPowerCore Fusion 5000に大満足しているので、かなりかなり良コスパな商品だと感じています。

ちなみに、Amazonの方がポイントがついたり、定期的に割引をしているのでお得に買えます。

まとめ

筆者は「Anker PowerCore Fusion 5000」を急速充電器&コンセント1つで2つのデバイスを充電するための電源タップとして活用していますが、とても良いです。

また、モバイルバッテリーとしても、コンセントにさしっぱなしのため、充電を忘れる心配がなく良いです。

ブランドも高品質な製品でおなじみのAnkerなので安心。価格も安価で非常にオススメの品です。

参考:Anker PowerCore Fusion 5000|Anker Japan公式サイト

PowerCore Fusion 5000の後継機

ちなみに後継機にはポートの1つがUSB-Cになった「Anker PowerCore III Fusion 5000」とバッテリー容量が倍増した「Anker PowerCore Fusion 10000」があります。