iPhoneで写真に位置情報を残さないようにする方法

iPhoneのカメラで写真を撮影した際に、位置情報を残さないようにオフ(残すようにオン)にする方法(設定)を解説します。


まず、iPhoneのホーム画面から「設定」→「プライバシー」を開きます。

iPhoneの「設定」と「プライバシー」

「位置情報サービス」を開いたら、その中から「カメラ」を選び、「位置情報の利用を許可」の中の「なし」を選択します。

これで、iPhoneのカメラで撮影した写真には位置情報が残りません。

まとめ

写真に位置情報が残っていると、ブログなどに投稿した際に、位置情報が表示され、どこで撮影したのかわかってしまう場合があります。

特に写真に撮影場所を記録したくない場合は、最初に「なし」に設定しておくと良いでしょう。

参考:iPhoneで写真の位置情報を消す方法・残さない方法|All About