iPhoneのNight Shiftを常にオンにする方法

ブルーライトによる目の疲れを考慮して、iPhone(iPad、iPod touch)のNight Shift(ナイトシフト)を常にオンにしておきたい方は少なくないと思います。

そんな方のために、iPhoneのNight Shiftを常にオンにする方法を解説します。

Night Shiftを常時有効にする方法

手動でNight Shiftをオンにすると、翌日には通常の色合いに戻ってしまいます。

ですが、時間指定のスケジュールを変更することで、終日ずっとNight Shiftをオンにする事ができます。

Night Shiftの時間指定

iPhoneの「設定」を開き、「画面表示と明るさ」→「Night Shift」へと進みます。

「時間指定」をオンにして、スケジュール(開始終了の時間が表示されている場所)をタップします。

「スケジュール」の項目に進んだら、「カスタムスケジュール」をオンにします。

するとNight Shiftがオンになる時間を指定できるようになるので、「オンにする」を「0:01」に、「オフにする」を「0:00」に設定しましょう。

以下のように設定できていればOKです。

Night Shiftの設定

こうする事で、Night Sightがオフになる時間を最小(1分)にする事ができるため、24時間ずっと(正確には23時間59分)Night Shiftをオンにしておくことができます。

もちろん、時間は「0:01」と「0:00」である必要はありません。1分間ずらして設定すれば何時でも同様の結果を得られます。

起きてる時間にNight Shiftがオフになる瞬間があると面倒なので、自分がiPhoneを利用していない(深夜の)3:01と3:00などに設定すると良いでしょう。

まとめ

Night Shiftは文字通り、夜に使うための機能なので、常時オンにすることはできません。

ですが、このページで紹介した方法を使えば、Night Shiftを常にオンにしておく事ができるので、ぜひ活用してみてください。