無料で使えるMicrosoft純正のセキュリティソフト「Windows セキュリティ」とは?

Windows 10と11には、Microsoft純正のセキュリティソフトである「Windows セキュリティ」が標準で搭載されています。

Windows セキュリティとは?

Windows セキュリティ(旧称:Windows Defender)は、Windows 10や11に標準で搭載されているMicrosoftが開発した独自のセキュリティソフトです。

サードパーティの一般的なセキュリティソフトと同様に、ウイルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアからパソコンをリアルタイムで保護してくれます。

ちなみに、「Windows セキュリティ」はかつて(Windows 10)、「Windows Defender セキュリティ センター」と呼ばれていました。

Windows セキュリティは Windows に組み込まれており、Windows Defender ウイルス対策というウイルス対策プログラムが含まれています。 (以前のバージョンの Windows 10 で、Windows セキュリティは Windows Defender セキュリティ センターと呼ばれていました)

出典:Windows セキュリティによる保護を利用します

Windows Defenderの名前を冠しているものは複数あるので混同しないように注意しましょう。

Windows セキュリティの使い方

Windows セキュリティは「設定」→「プライバシーとセキュリティ」→「Windows セキュリティ」から確認・設定できます。

参考