iTunes/App Storeで買った音楽やアプリを返品/返金してもらう方法

iTunes Store / App Storeの返金

iTunes StoreやApp Storeで、間違って音楽やアプリを買ってしまった場合に、返金してもらう方法を紹介します。

 

iTunesでも返金してもらえる!

iTunes StoreやApp Storeで間違えて商品を買ってしまった場合、Appleに連絡すれば、返金してもらえる可能性があります。

例えば、似たようなアルバムやシングルを買ってしまった場合や、購入したコンテンツやアプリが明らかに粗悪な場合は、90日以内にAppleに事情を説明すれば、返金に応じてもらえる可能性があります。

 

返金ではなくダウンロード権の場合も

返金ではなく、コンテンツが1つダウンロード出来る権利が送られてくる場合もあります。

 

 

返金を申請する方法

まずはAppleの「問題を報告する」ページから問い合わせましょう。

Appleの「問題を報告する」(http://reportaproblem.apple.com/) にアクセスし、返金手続きをしたいApple IDでログインします。

または、iTunesの「アカウント」→「アカウント情報」→「購入履歴」→「問題を報告する」からもアクセスできます。

 

問題を報告する

返金手続きをしたいアプリ/音楽を選択して「問題を報告する」をクリックすると、選択肢と詳細入力欄が表示されます。

アプリと音楽では、選択肢が多少違いますが、基本は同じです。自分の問題(返金したい理由)を選んだら、返金理由の概要を選択肢、詳細を書いて報告しましょう。

 

報告は詳しく

アプリや音楽の返金は何でもかんでも自動的に返金してもらえる訳ではありません。

Apple側も、その返金申請が正当なものか確認します。ですので、詳細入力欄にはとにかく問題を具体的に書きましょう。

例えば、音楽を間違って買ってしまったなら、「同じようなタイトルのこの商品と間違えてしまった」と説明し、実際に間違えた音楽の商品ページのURLなどを入力しましょう。

 

アプリの返金申請も、具体的にどのような問題が起こっているのか、機種名やOSのバージョンなどを明確に書き説明することが大切です。

 

返金には数日かかることも

入力して送信すれば、報告完了です。

数日以内に、メールにて回答があります。問題がなければ返金さます。

 

 

返金してもらえる可能性があるもの

返金が可能かどうかは、自動的に判別しているわけではなく、Appleの担当者が個別に判断しています。

ですから何でもかんでも気に入らなければ返金できる訳ではありません。

認められやすい理由としては以下のようなものです。

  • 間違って購入(似た名前/同じ名前の曲を買ってしまったなど)
  • 明らかにコンテンツに問題がある(音質や画質が悪いなど)
  • 粗悪なアプリ(説明と機能が違うなど)

 

 

 

まとめ

Appleをはじめ、外資系企業は返品に関して非常にリベラルな姿勢でいます。

ですので、ダウンロード商品でも気軽に返品できることが多いです。

 

ただし、だからと言って、いたずらに返金を申請するのはNGです。

例えば、映画を購入し、見終わってから返金を申請したりするのは、マナー違反です。

その作品に問題があったのならまだしも、普通に問題なく閲覧しておきながら映画や本、音楽、アプリなどを返品するのはやめましょう(そもそもこうしたことが出来ないように、返品には審査があるわけですが)。

 

iTunes StoreやApp Storeで買ったものに対し、本当に問題がある場合のみ、正直に申請しましょう。

しかし、それでも必ず返金されるとは限らないので、その点は注意しましょう。