iPhoneの「手前に傾けてスリープ解除」を簡単に行う方法

iPhone 手前に傾けてスリープ解除

iPhoneの「手前に傾けてスリープ解除」機能をオンにする方法と簡単に行うためのコツを紹介します。

 

手前に傾けてスリープ解除

iOS10から、「手前に傾けてスリープ解除」という機能がiPhoneに追加されました。

「手前に傾ける」とは、iPhoneの上部を少し持ち上げる動作のことです。

 

この機能、なかなかよくできていて、iPhoneを横に傾けた場合、画面はオンになりませんが、画面を下にしてデスクなどに置いた状態からひっくり返して上にする場合は、横に傾けた場合 (横回転)でも画面はオンになります。

また、iPhoneを素早く動かして続けているときにはオンにならないなど、不意な動作でiPhoneがオンになることを、ある程度避けるように作られています。

 

 

「手前に傾けてスリープ解除」機能をオンにする

「手前に傾けてスリープ解除」は「設定」からオンにできます。

 

  • ホーム画面から「設定」→「画面表示と明るさ」→「手前に傾けてスリープ解除」

 

iPhoneを持ち運ぶ際や、iPhoneを手に取った際に勝手に画面がオンになってしまうこともあるので、気になる方はオフにしておきましょう。

また、対応機種はiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plusで、同機能に対応していない機種では、この項目は表示されません。

 

 

カンタンに「手前に傾けてスリープ解除」するコツ

こちら、確かに名前は「手前に傾けてスリープ解除」と言われているのですが、実際にはiPhoneのモーションセンサーを利用しているので、手前でなくても、iPhoneを傾ければスリープを解除することができます。

実際に試してみると、iPhoneの「手前に傾けてスリープ解除」機能は、iPhoneを手前に傾けるよりも、以下の動作の方が簡単にスリープが解除できます。

 

  • iPhoneの画面を裏向きにした状態からひっくり返す。
  • iPhoneを手に取り、縦向きモードのまま、画面が地面に垂直になるように持つ。

 

 

 

まとめ

最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、Touch ID同様、慣れるとその便利さを強く実感できると思います。




follow us in feedly