あなたが周りの人から相談してもらえない6つの理由

相談されない

「なぜ相談しないの?」と傲慢なことを言う人。

あなたが人から相談されないのは「相談する事が出来ない or 相談する価値無し」と思われているからです。

スポンサーリンク

 

相談

学校の先生だったり、親だったり、会社の上司だったり。

「どうして最初に相談してくれなかったの?」と非常に傲慢なことを言う人がいます。

本当に、傲慢で失礼な態度です。

 

もしかしてあなたもそんな存在になっていませんか?

みんながあなたに相談しないのは、みんながあなたに相談したくないからです。そんなの当たり前じゃ無いですか。

 

 

 

相談されない理由

相談されない理由は大抵あなたが以下の条件に当てはまっているからです。

 

 

1.相談できる環境を整えていたか?

悩みある人が気軽に相談できる環境を整えてましたか?

否、整えてなかったから相談されなかったんです。相談というのは困っている時ですから、そもそも気軽に相談という事自体あり得ない話です。

「あなたの事を頭ごなしに否定せず、ちゃんと声を受け止めますよ。耳を傾けますよ」という姿勢が無い人は相談されません。

 

 

2.尊敬されてない

実力が無い、何も出来ない、すぐ人の悪口を言う。

そんな人間に誰が相談しますか?

相談されない人は尊敬されていない可能性があります。

 

 

3.頼りにならない

誰も、自分より格下の相手に相談なんてしません。

実力不足等で相手から「コイツはダメだな」と思われたら終わりです。

 

 

4.普通の事しか言えない

例えば誰かが「自殺したい」と相談してきたとします。

そこで「自殺はダメだよ」なんて普通の事しか言えないようでは相談する価値がありません。

自分では解決できない=一般的な常識や、一般的な知識、Googleでちょっと検索したくらいではわからない情報を求めている訳です。

教科書に載っているような事しか言えない人に相談する価値はないです。

 

 

5.相談そのものを否定する

例えば「将来は医者になりたい!」と相談してくる人に、「医者なんて無理。キツいし、給料安いし、危険だし、そもそもなるだけでも大変。」と相談そのものを否定するような余計なお世話の事しか言えない人間。

こういう「人生の障害物役」も必要ですが、相談されやすいかといえば答えは「No」。

特にその道の人、このケースで言えば医者自身が言うならばともかく、全く関係がない外野が知ったかぶりで答えた暁には信頼も下がり、次回から相談されなくなります。

 

 

6.時間がかかる

人を挟めば挟むほど決断に時間がかかるのは大企業の意思決定の遅さからも分かる通り。

人にわざわざ相談して時間を奪われるくらいなら、いっそ相談せず一人で片付けたいのが実力がある人間の発想。

そうした優秀な人間は自分一人ないし、信頼できる優秀な仲間(それは必ず少数)にのみ相談します。

 

 

 

まとめ

いるんですよねー。

「なんで相談しないんだ?」って言う人。相手を思いやっているようで実は自分が満足したいだけの自己中心的な傲慢な人。

人から相談されるレベルの人間になるというのは案外難しいと思います。

みなさんは周りの人から相談されますか?

ぜひ自身を見返してみましょう。