iPhoneやiPadで画面の色を反転させる方法

iPhoneやiPadの画面の色を反転させ、写真のネガのように表示する方法(反転)を解説します。

 

  1. ホーム画面から「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」を開く
  2. 「ディスプレイ調整」をタップ(開く)
  3. 「色を反転」をたっぷ(開く)
  4. 「反転(スマート)」もしくは「反転(クラシック)」をオンにする

 

スマートとクラシック

色の反転にはスマートとクラシックの2種類があります。

「クラシック」は以前からある機能で、画面の色を反転させます。

一方、「スマート」はiOS 11から搭載された新機能で、画像、メディア、暗い色のスタイルを使っているアプリなどは除外して画面を反転します。

「スマート」は画像などのメディアは反転しないので、実質ダークモードのように使うことができます。

 

Night Shiftは自動でオフになる

反転する際にブルーライトを軽減する「Night Shift」をオンにしていた場合、自動的にオフになります。

 

まとめ

反転はiPhoneやiPadをダークモードのように使いたい方や視力の弱い方にオススメの設定です。

また、消費電力が下がるというメリットもあります。

ぜひ試してみてください。