iPhoneやiPadの予測変換をリセットする方法

iOS 文字変換 リセット

iPhoneやiPadなど、iOSの予測変換をリセットする方法を解説します。

 

ホーム画面から「設定」を開きます。

設定の中から「一般」をタップし、画面を下にスクロールして、「リセット」をタップします。

その中の「キーボードの変換学習をリセット」をタップ。パスコードを登録している場合は、その場でパスコードを入力します。

最後に「辞書をリセット」をタップしたら、これで予測変換がリセットされます。

 

これはあくまでiPhoneやiPadなどiOSに保存されている変換候補をリセットする方法です。

Google ChromeやYouTubeなど、他のアプリの予測変換や変換候補は別途リセットする必要がある場合があるので注意しましょう。

 

まとめ

iPhoneやiPadなど、iOSの予測変換は、文章入力を素早く行うためには欠かせない機能です。

しかし、キーボードの予測変換には一過性の言葉(流行りなど一時期使っていた言葉)や誤変換した文字も学習してしまうので、変換候補の中に、使えない(使わない)候補が続々と表示されてしまう場合があるのも事実です。

そのような自体を防ぐためにも、予測変換に必要ない文字や言葉が増えてきたら、本当によく使う言葉は別途、iOSのユーザー辞書や入力補助ツールなどに保存しておき、予測変換のデータ(キーボードの変換学習)はリセットしておくことをオススメします。