AppleのiCloudプライベートリレーとは?料金やデメリットについて解説

iCloudプライベートリレー」は、AppleがSafariの通信を安全にするために提供している有料サービスです。

iCloudプライベートリレーとは?

iCloudプライベートリレーは、Appleの純正ブラウザ「Safari」でウェブサイトを閲覧する際に、ユーザーのプライバシーを保護してくれるVPNのようなサービスです。

iOS 15が発表された2021年から展開されています。

この機能は、iCloud+のサブスクリプション(もしくはそれが含まれるApple One)に登録すると利用できます。

通常、iPhoneやiPadのSafariでウェブサイトを閲覧すると、IPアドレスや使っているネット回線、位置情報など、個人の特定につながる情報を、閲覧したウェブサイトや通信事業者(ドコモやソフトバンクなど)に知られてしまう可能性があります。

しかし、iCloudプライベートリレーを有効にすると、そうした情報を誰にも知られずにウェブサイトを閲覧する事が可能になります。

プライベートリレーを利用した状態でSafariを使うと、ウェブサイトにアクセスする際に、Appleのサーバーとサードパーティーのサーバーを経由して目的のウェブサイトにアクセスする事になります。

こうしてユーザーとウェブサイトの間に2つのサーバーを追加する事で、通信経路を隠すことができ、訪問先のウェブサイトによる個人情報等の収集を防ぐことができます。

なお、プライベートリレーはあくまで通信経路を隠してくれるだけです。広告ブロックやウイルス対策ではないので注意しましょう。

ちなみに、Appleの公式サイトでは以下のように説明されています。

通常は、Web を閲覧すると、Web トラフィックに含まれている情報 (DNS レコードや IP アドレスなど) をネットワークのプロバイダや、閲覧した Web サイトに知られてしまいます。この情報を基に、閲覧者の本人確認が実施されたり、時間経過に伴う位置情報や閲覧履歴を蓄積してプロフィールが作成されたりする場合があります。iCloud プライベートリレーは、Safari で Web を閲覧する際に、あなたが誰で、どのサイトを訪れているのか、Apple も含め誰一人としてわからないよう徹底し、プライバシーを守るしくみになっています。

出典:iCloud プライベートリレーについて – Apple サポート (日本)

プライベートリレーは有料

iCloudプライベートリレーはiCloudのサブスクである「iCloud+」に加入する事で利用できる機能です。

料金は月額130円から。無料プランはありません。

iCloud+にはプライベートリレーだけでなく、iCloud Driveのストレージ容量の追加など、様々な特典があります。

参考:iCloud+とは

プライベートリレーが使えるのはSafariだけ

iCloudプライベートリレーはAppleが提供する以下のデバイスのSafariで利用できます。

  • iPhone
  • iPad
  • iPod touch
  • Mac

これ以外のデバイスやSafari以外のアプリでは利用できません。

過去には「iCloudプライベートリレーがSafari以外のアプリでも利用できるようになる」というもありましたが、今のところ実現していません(2024年6月19日現在)。

プライベートリレーの使い方

iCloudプライベートリレーを使う方法はとっても簡単。iCloud+に加入し、設定からオンにするだけでOKです。

  1. 「設定」を開く(Macの場合はシステム環境設定)
  2. 「Apple ID(自分の名前)」→「iCloud」→「プライベートリレー」と進む
  3. 「プライベートリレー」をタップしてオンにする

詳しい解説はこちら:iPhoneのiCloudでプライベートリレーをオン/オフにする方法

プライベートリレーの仕組み

通常、Safariを使った通信は以下のようになります。

[iPhone] → [サイト]

こうしてiPhoneから直接ウェブサイトにアクセスすると、自身のIPアドレスや位置情報、ネット回線などがサイト側に知られてしまう恐れがあります。

しかし、プライベートリレーを使うと、間に2つのリレーを中継してウェブサイトにアクセスできます。

[iPhone] → [リレー1] → [リレー2] → [サイト]

リレー1は、ingress proxyというAppleの管理下にあるリレーです。このリレーはユーザーのIPアドレス等は分かりますが、閲覧しているサイトが何なのかは分かりません。

リレー2はegress proxyといって、Appleが提携した第三者の管理下にあります。このリレーは接続先のサイトは分かりますが、IPアドレスなどユーザーの情報は分かりません。

サイト側からは、リレー2からアクセスが来ているように見えるので、誰がアクセスしているのか分かりません。

こうする事で、自身がiPhoneを使ってどのウェブサイトにアクセスしているのか、誰にも分からない環境を作り出し、プライバシーの保護を実現しています。

また、プライベートリレーを使うと、通信の内容が全て暗号化されるので、ネット回線を提供しているドコモやソフトバンクなどの通信事業者でさえ、通信内容(ユーザーがiPhoneでどこにアクセスしているのか?)が分からなくなります。

プライベートリレーのデメリット

プライベートリレーを使うと、通信が暗号化され、誰にも内容が分からなくなります。

そのため、子ども向けのペアレンタルコントロール(フィルタリング)が機能しなくなる場合があります。

一例として、ソフトバンク(Y!mobileLINEMOを含む)が提供しているフィルタリングである「ウェブ安心サービス」は、プライベートリレーをオンにすると利用できなくなります

また、特定のサービス(SNSや動画サイトなど)を使っても通信料(ギガ)を消費しないデータ無制限プランも機能しなくなる場合があります

VPNとの違い

VPNとiCloudプライベートリレーには共通点も多いですが、違いもあります。

プライベートリレーの方が匿名化が強力

VPNでは、VPNを提供している企業が通信を中継し、ユーザーのIPアドレスを暗号化し、アクセスしたいウェブサイトへ接続します。

つまり、通信キャリアや訪問先のウェブサイトはユーザーの情報を知る事が出来ませんが、VPNを提供している企業は、ユーザーのIPアドレスや接続先のウェブサイトを知ることが出来ます。

VPNの中にはユーザーの個人情報を守るため、そうした情報を一切記録しない”ノーログポリシー”を掲げているところもあります。

例を挙げると、ExpressVPNやNordVPNなどはノーログポリシーを掲げ、ユーザーの情報を一切記録しない運用をしていることが、第三者の審査によって判明しています。

しかし、ノーログポリシーを謳いながら、実際にはログを保存している悪質なVPN存在します

一方で、Appleのプライベートリレーは2つのリレーを経由する為、ユーザーの正確なIPアドレスとアクセスするサイトの両方を知っている事業者が存在しません。Appleでさえそれを知る事は不可能です。

その為、通信経路の秘匿という点では、VPNよりもプライベートリレーの方が優れています。

VPNは居住地を偽装できる

iCloudプライベートリレーは、ユーザーが使用する端末(iPhoneやiPad)の位置を偽装できません。

VPNは、ウェブサイトに対し、他国を経由して接続する事が出来る為、日本にいながらアメリカから接続しているかのように見せかけることが可能です。

そのため、Netflixなどが配信するコンテンツの地理的制限を回避できます。例えば、「日本にいながらアメリカ版のNetflixにアクセスする」といった事ができる訳です。

一方で、AppleのiCloudプライベートリレーは、自分の位置情報を曖昧にすることは可能ですが、他国を経由して通信するよう事は出来ないため、「日本にいながらアメリカ版のNetflixにアクセスする」といった使い方はできません。

中国や南アフリカなどで、政府による検閲を避けてインターネットに接続するという事も不可能です(そのため、政府による規制が厳しい国では、プライベートリレーは提供されていません)。

まとめ

プライベートリレーはiCloudのサブスクである「iCloud+」に加入することで利用できます。

VPNやTorのようなプライバシー保護の機能が、Apple純正の機能として提供されるのは非常に嬉しいですね。

価格も月額130円から利用できるので非常に手軽です。難しい設定が不要なのも嬉しいですね。

参考