Apple版VPNであるiCloud+の「プライベートリレー」とは?

iCloud Private Relay(プライベートリレー)は、Safariの通信を安全にするための機能です。

Appleの公式サイトでは以下のように説明されています。

通常は、Web を閲覧すると、Web トラフィックに含まれている情報 (DNS レコードや IP アドレスなど) をネットワークのプロバイダや、閲覧した Web サイトに知られてしまいます。この情報を基に、閲覧者の本人確認が実施されたり、時間経過に伴う位置情報や閲覧履歴を蓄積してプロフィールが作成されたりする場合があります。iCloud プライベートリレーは、Safari で Web を閲覧する際に、あなたが誰で、どのサイトを訪れているのか、Apple も含め誰一人としてわからないよう徹底し、プライバシーを守るしくみになっています。

出典:iCloud プライベートリレーについて – Apple サポート (日本)

プライベートリレーの仕組み

通常、Safariを使った通信は以下のようになります。

[Safari] – [ネット回線] – [サイト]

こうした接続をすると、自身のIPアドレスや位置情報、ネット回線などがサイト側に知られてしまいます。

これが、プライベートリレーを使うと以下のようになります。

[Safari] – [ネット回線] – [Apple] – [サードパーティ] – [サイト]

こうする事で、サイト側にはサードパーティがアクセスしている形になり、自信がアクセスしていることがウェブサイト側に知られません。

そうすることで、自身の情報が勝手に広告などに利用されることを防ぎます。

また、プライベートリレーを使えば、通信データが全て暗号化されるので、ハッカーなど悪意を持った人間が盗聴しても、通信内容を理解することができません。

まとめ

VPNやTorのような機能が、Appleによって安価に提供されるのは非常に嬉しいですね。

プライベートリレーはiCloudのサブスクである「iCloud+」に加入することで利用できます。

参考:iCloud+とは