iPhoneやiPadでホワイトポイントを下げ、目の負担を抑える方法

iPhoneやiPadの画面が明るいor暗いと感じている方は画面の明るさを調整するだけでなく、「ホワイトポイントを下げる」機能で明度を調整してみましょう。

明度を調整することで、まぶしい画面を暗くすることができます。

 

ホワイトポイントを下げる方法

  1. ホーム画面から「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」の順に開く
  2. 「ディスプレイ調整」をタップ(選ぶ)
  3. 「ホワイトポイントを下げる」をオンにする(ホワイトポイントをあげたい場合はオフにしても良い)。
  4. 丸いつまみをスライドし、明度を調整する。

 

ホワイトポイントをオンにして、明度を調整すると、すぐに画面が反映されるので、効果がカンタンにわかると思います。

 

まとめ

「ホワイトポイントを下げる」機能を使い、画面の明度を下げることで、ディスプレイの眩しさを軽減し、目の負担を抑えることができます。

コントロールセンターなどから明るさを調整するだけでなく、大元の明度をコントロールしたい方は、ぜひ試してみてください。