クレジットカードのサインは名前でも記号でもなんでも良い

クレジットカードのサイン

クレジットカードを使う際は、裏面にサインをしなければなりませんが、そのサインは名前でも記号でもなんでもOKです。

スポンサーリンク

 

クレジットカードのサインに使えるのは?

クレジットカードを受け取り、不備がなければ、カードの裏面にサインをします。

クレジットカードはちゃんと裏面にサインをしなければ使えません。

 

クレジットカードのサインは自分の本名を書くのが一般的ですが、実は特にルールはなく、サインはローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ、記号、イラストなんでもOKです。

また、名前の場合も本名、旧姓、旧名、あだ名、ペンネーム、他人の名前なんでもOKです。

最近では少額決済の場合、サインレスでクレジットカードを使える場面も増え、また、それ以外の場合もパスコードを打つ方式が多いです。しかし、サインをする機会もまだまだあります。

自分の名前が複雑な漢字であったり、長い名前だと、いちいち買い物のたびにサインをするのも一苦労です。

ですが、サインを簡単な名前や記号にしておけばサインも手軽になり便利です。

 

しかし、クレジットカード会社によっては本人の名前をフルネームで書くように規定している場合もありますし、規定していない場合も、サインに記号や簡略な言葉を使うことに関してはオススメしていないことがほとんどです。

また、このルールを知らない店員やスタッフに不要な不信感を抱かせてしまう可能性もあります。

 

面倒なトラブルを避けるためにも、クレジットカードのサインはカードの名義と同じか、パスポートや運転免許証などの身分証明書で簡単に証明できる名前を使うのがいいでしょう。

名前が長い場合や漢字が複雑でサインの負担が大きい場合は、ローマ字にしたり、名前を開く(ひらがなで記入する)、苗字だけにするなどで対応しましょう。

 

 

 

サインは必ず書いておきましょう

クレジットカードのサインに関しては、そのような面倒やトラブル等を考えサインしない人がいますが、サインしないのは一番問題です。

お店側は、クレジットカードのサインと買い物時のサインが同じかどうか確認し、決済しています。

クレジットカードの裏にしっかりとサインをしておかなければ、不正利用などにより損害が免責にならず、本来クレジットカード会社やお店が負担してくれるはずの損害を自分で負担しなければならなくなる可能性があります。

 

ですので、クレジットカードを受け取り、問題がなければすぐにクレジットカードにはサインをしましょう。