Gmailでエイリアスを作成する4つの方法

Gmailでは、カンタンにエイリアス(予備のメールアドレス)を作ることができます。

Gmailを複数アドレスに!

Gmailでは特別な設定や追加料金なしで、カンタンにエイリアスを使うことができます。

エイリアスを使う事で、アカウントを新たに作成しなくても、新しいメールアドレスを入手することができます。

また、別途設定をすることで、エイリアスでメールの送信・返信をすることも可能です。

参考:Gmailのエイリアスとは?メリットやデメリット、設定・送信方法

末尾を「@googlemail.com」にする。

Gmailではドメイン部分(@より後ろの部分)を「@googlemail.com」にしても問題ない仕様になっています。

例えば、以下2つのメールアドレスは、どちらも「example@gmail.com」と同じ扱いになります。

  • example@gmail.com
  • example@googlemail.com

ピリオド(ドット)を入れる。

Gmailは「@」以前の英数字(ユーザー名部分)にピリオドが入っていても無視される仕組みになっています。

例えば、以下のGmailアドレスは全て「example@gmail.com」という扱いになります。

  • exam.ple@gmail.com
  • e.x.a.m.p.l.e.@gmail.com
  • ex.am.ple@gmail.com

逆にピリオドが入っているアドレスの場合、ピリオドを抜いても同じアドレスとして扱うことができます。

アドレスの後ろに「+」を追加する。

Gmailでは「@」より前の英数字(ユーザー名部分)の後ろに「+」(プラス)を付けると、「+」から「@」の間の文字が無視されます。

例えば、以下のメールアドレスは全て「example@gmail.com」と同じ扱いになります。

  • example+life@gmail.com
  • example+work@gmail.com
  • example+business@gmail.com

用途を表す単語をそれぞれ+の後ろに付ければ、エイリアスで作ったメールアドレスの目的が分かりやすいのでオススメです。

大文字・小文字を使う

Gmailアドレスは1部の文字を大文字にしても問題なく受信できます。

  • abcdef@gmail.com
  • ABCdef@gmail.com
  • ABCDEF@gmail.com

このように文字列が同じなら、大文字でも小文字でも関係なく、ちゃんとメールが届きます。

まとめ

Gmailではこれらの方法を使う事で、カンタンにエイリアスを作る事ができます。

エイリアスを使うことで、1つのGmailアカウントで複数のメールアドレスを用意できます。

メールを受信するだけなら、設定不要で利用できるので、新しいサービスに登録する際に、その場で文字列をいじって新しいメールアドレスを準備できます。

筆者はX(Twitter)のアカウントを作る際に、この方法でメールアドレスを別途作って登録しています。

この方法を使えば、1つのGmailで複数のXアカウントを作れるので非常に便利です。(Gmail上ではエイリアスですが、X上では別のメールアドレスとして認識されます)。

とても便利なので、ぜひ皆さんも活用してみてくださいね!(`・∀・´)

参考