Amazon Fire 7を売る時にすべきこと

Amazonのタブレット「Fire 7」をリサイクルショップに売ったり、他人に譲る際に行っておきたい初期化などの作業、設定を解説します。

 

Fire 7を手放す前に行うべきこと

Fireを初期化し、個人情報などが漏れないよう、安全に手放すためには、以下の作業が必要です。

どれも設定から実行できます。

  • Fire 7の「暗号化」
  • Fire 7の「登録解除」
  • Fire 7を「工場出荷時の設定にリセット」

 

Fireの内部ストレージを暗号化する。

まずはFireの内部ストレージを暗号化しましょう。

データを暗号化することで、万が一データが復元されても、内容がわからないようにすることができます。

暗号化は以下の手順で実行できます。

  • 「設定」→「セキュリティとプライバシー」→「暗号化」

 

Amazonの登録を解除する

FireはAmazonのアカウントと紐づけられているので、これを解除します。

登録解除の方法は以下の通りです。

  • 設定を開く
  • マイアカウントを開く
  • 「登録を解除」を押し、「登録を解除」を押す。

 

なお、端末の登録解除はAmazonのウェブサイト(amazon.co.jp)の「アカウントサービス」内の「コンテンツと端末の管理」からも行うことができます(正しく端末の登録が解除できているかどうかも、確認できます。)。

 

Fireのデータを全て消去する

最後に、Fireのデータを全て削除します。

データを全て削除する方法は以下の通りです。

  • 「設定」を開く
  • 「端末アップデート」を開く
  • 「工場出荷時の状態にリセット」を選択
  • 「リセット」を押す

 

なお、「工場出荷時の状態にリセット」をするには、バッテリーの残量がなければいけません。

充電ケーブルを挿した状態で実行するといいでしょう。

 

まとめ

個人情報をはじめとするデータを全てしっかりと消した上で、Fireを売ったり譲ったりしましょう!