メキシコの言語は?|英語は使えるのか?

メキシコ 言語

メキシコで話されているのは何語なのか?メキシコで英語は使えるのか?

メキシコの言語について紹介します。

 

メキシコの公用語は「スペイン語」

メキシコでは、法令上の公用語は存在しませんが、スペイン語が事実上の公用語(共通語)として使用されています。

ちなみに、スペイン語の他に、先住民族の65言語(ナワトル語、サポテカ語、マヤ語など)も政府が認めています。

また、メキシコは世界最大のスペイン語人口を擁する国家です(ちなみにメキシコの総人口は1億3千万人)。

 

スペイン語とは

スペイン語(カスティーリャ語、イスパニア語、西語とも)はスペインおよびラテンアメリカ地域(ブラジルを除く)における主要言語です。

アメリカでもニューメキシコ州ではスペイン語が事実上の公用語となっています。

話者人口は約4億2000万。

 

ただし、メキシコで使われているスペイン語と、スペインで使われているスペイン語は、アクセントだけでなく一部のフレーズや文法が異なっています。

 

スペイン語を公用語としている国と地域の数は20以上あり、世界で英語、フランス語、アラビア語に次ぐ4番目に多くの国で使用されている言語です。

インターネット上では、利用者全体の約8%がスペイン語を使用しており、英語と中国語に次ぐ3番目に多く使用されている言語です

また、国際連合の6つの公用語(他は英語、フランス語、ロシア語、中国語、アラビア語)の1つでもあります。

 

ちなみに、スペイン語はポルトガル語と似ていて、かなりの水準で相互意思疎通が可能です。

 

メキシコで英語は通じるのか?

メキシコでは英語は通じません

観光地であれば通じる場所もありますが、観光地および都心から離れれば離れるほど英語は通じません。

むしろ、メキシコ人は英語が苦手な傾向にあります。これは格差が酷く、それが教育にも現れているという少々世知辛い面もあります。

 

メキシコで日本語は通じるのか

通じません。

 

まとめ

メキシコで使われている言語はスペイン語です。

スペイン語は世界的にも使える地域が多いので、勉強してみてもいいかもしれません。

名前の通り、スペインなどで使えます。

 

英語、日本語は基本的に使えないので、その点は注意が必要ですね。