iPhoneでパスコードの設定をオン/オフにする方法

iPhoneにパスコードを設定したり、パスコードをオフにする方法を解説します。

iPhoneにパスコードを設定する方法

  1. ホーム画面から「設定」を開きます。
  2. 下にスクロールして「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」を選択します。
  3. 「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」を選択します(現在のパスコードの入力が求められる場合、すでにそのiPhoneにはパスコードが設定されています)。
  4. 「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」を開いたら、「パスコードをオンにする」を選択します。
  5. 設定したい任意のパスコードを2回入力します。
  6. パスコードが正しく設定されていれば、「パスコードをオンにする」と表示されていた項目が、「パスコードをオフにする」となっているはずです。

iPhoneのパスコードをオンにする(設定する)

iPhoneのパスコードをオフにする方法

セキュリティが低下するのでオススメしませんが、iPhoneではパスコードをオフにして、ロックなしで使用することもできます。

  1. ホーム画面から「設定」を開きます。
  2. 下にスクロールして「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」を選択します。
  3. すると、現在のパスコードの入力を求められるので入力しましょう。
  4. 「Face IDとパスコード(Touch IDとパスコード)」を開いたら、「パスコードをオフにする」を選択します。
  5. 現在設定されているパスコードを入力します。
  6. 「パスコードをオフにする」と表示されていた項目が、「パスコードをオンにする」となっていれば、無事パスコードをオフにすることができた証です。

なお、パスコードをオフにすると、Face IDやTouch IDも同時にオフになります。

まとめ

パスコードを設定するのは面倒に感じる方もいるでしょうが、iPhoneを安全に使うために、パスコードを設定することを強くオススメします。

参考:How to Encrypt Your iPhone